海外FXのスプレッドが狭い業者おすすめランキングTOP10|海外FXスプレッド比較プロ

海外FXスプレッド比較プロ

海外FX業者を使ってトレードをするなら、スプレッドが狭い会社を選ぶことがポイント!

スプレッドが狭いほどトレードにかかる余分なコストを減らせます。

では、どの海外FX業者のスプレッドが狭いのでしょうか。

こんどう
この記事では、海外FX業者の最挟スプレッドで優良な会社をランキング形式でご紹介します。

もくじ

海外FXのスプレッドとは

海外FXのスプレッドとは

スプレッドとは、買値と売値の差です。

画像を見ると、売値が109.404円、買値が109.407円になります。

この場合、買値109.404円−売値109.407円=0.003円がスプレッド

FXトレーダーとして稼いでいく上では、スプレッドが狭いに超したことはありません。

スキャルピングと言われる1日に何度もトレードをする手法を行う場合、このスプレッドが多きなコストにもなります。

少しでも多く利益を獲得したいと考えている人であれば、スプレッドが狭いFX業者、口座を選ぶと良いでしょう。

取引通貨の単位0.3pipsの金額
1通貨0.003円
100通貨0.3円
1,000通貨3円
1万通貨30円
10万通貨300円

海外FXスプレッドと国内FXスプレッドの比較

海外FXスプレッドと国内FXスプレッドの違い

海外FX業者のスプレッドは、ほぼ「変動スプレッド」。

変動スプレッドとは、相場(レート)の変動に合わせてスプレッドが拡大縮小すること。

国内FX業者のスプレッドは、ほぼ「固定スプレッド」。

固定スプレッドとは、FX業者が取引価格を固定しているスプレッドのこと。

固定スプレッドの方がレートに大きな変動があってもFX業者が引き受けているため、比較的リスクは小さいです。

しかし、国内FX業者は固定スプレッドを導入しているとはいえ、完全固定ではありません。

経済指標により市場が大きく動いたり、通貨ペアの種類でもスプレッドが動きますので、国内FXは100%安心(リスクはない)とは言えません。

海外FXのスプレッドは広いのに人気がある理由

海外FXのスプレッドは、国内FXと比べて広いです。

しかし、近年は海外FXの方が人気!

その理由としては、下記4点があげられます。

  • ハイレバレッジが使える
  • 追証がない
  • 豪華なボーナスがある
  • 取引の透明性が高い

海外FXは、ハイレバレッジは使えるので少ない資金で大きなトレードが行えます。

ハイレバレッジは危険とよく聞きますが、相場が予想とは逆に動いても追証がないので借金は負いません。

さらに、豪華なボーナスがあるので、このボーナスを使って投資を始めるトレーダーも多くいます。

詳しくはこちらの記事で説明しています。

ECN口座の取引手数料を比較

ECN口座は取引手数料がかかる代わりにスプレッドが狭い口座のことで、取引手数料を合算して計算しなければなりません。

例えば、往復5ドルの取引手数料が発生すると、0.5pipsの手数料を支払う必要があります。

この手数料は、海外FX業者ごとに違います。

以下、ECN口座手数料の比較表になります。

※取引手数料の表記は10万通貨あたりの往復手数料

海外FX会社取引手数料
(往復)
無料
海外FXスプレッド比較プロ:XMXM10pips
海外FXスプレッド比較プロ:AXIORYAXIORY6pips
海外FXスプレッド比較プロ:TITANFXTITANFX7pips
海外FXスプレッド比較プロ:HotForex HotForex6pips
海外FX:BigBossBigBoss9pips
海外FXスプレッド比較プロ:MiltonMarketMiltonMarket8pips
海外FXスプレッド比較プロ:TradeviewTradeview5pips
海外FXスプレッド比較プロ:FBSFBS12pips

 
GEMFOREXに関しては、ECN口座の中で唯一取引手数料が無料です。

海外FX業者をスプレッドで選ぶポイント

海外FX業者をスプレッドで選ぶポイント

スプレッドでFX業者を選ぶポイントが6点あります。

それぞれ詳しくみていきましょう。

平均スプレッドで選ぶ

取引したい通貨ペアの平均スプレッドで選びましょう。

例えば、1.0pips~1.5pips前後で推移していたところ、ほんの1秒でも0.1pipsになってしまうと、最小スプレッドは0.1pipsになってしまいます。

もちろん、0.1pipsは事実ですが、そのスプレッドで安定して取引できるわけではありません。

ECN口座は取引手数料も含めたスプレッドで選ぶ

海外FX業者の多くは、

  • 取引手数料無料のSTP口座
  • 取引手数料がかかるECN口座

の2タイプの口座を用意しています。

口座タイプにSTP口座とECN口座を用意している海外FX業者は多いです。

ECN口座の場合はスプレッドとは別に取引手数料が発生しますので、取引手数料をpips変換して上乗せして計算する必要があります。

そのため、ECN口座では「海外FX業者Aの方がスプレッドは狭いけど、取引手数料を含めて計算すると海外FX業者Bのコストの方が安い」といったケースがあります。

取引手数料の計算方法は、「1ロット=1ドル=0.1pips」です。

往復手数料が5ドルだった場合、0.5pipsになります。

海外FX業者A

  • 0.5pips
  • 取引手数料:往復7ドル(0.7pips)
  • スプレッド+取引手数料:1.2pips
海外FX業者B

  • 0.7pips
  • 取引手数料:往復3ドル(0.3pips)
  • スプレッド+取引手数料:1.0pips

だった場合、海外FX業者Aの方がスプレッドは狭くなっていますが、海外FX業者Bの方がトータルコストは安いのが分かりますね。

海外FX業者は取引手数料を合算して表示してくれないので、トレーダー自身が計算しなければなりません。

取引したい通貨ペアのスプレッドで選ぶ

通貨ペアによってスプレッドが異なります。

「円ドルの通貨ペアは海外FX業者Aがスプレッドは狭いけど、ユーロドルの通貨ペアは海外FX業者Bの方がスプレッドは狭い」といったケースがあります。

例えば、ドル円だけで取引しているトレーダーがいるとします。

全体的にスプレッドが広いと言われている海外FX業者でも、ドル円が業界トップのスプレッドの狭さなら、ドル円だけでトレードするには最適。

約定率の高さにこだわって選ぶ

約定力が高い業者を選ぶのがベスト

約定力とは、注文を成立させる力のことで、約定する速度やトレーダーが指定したレートで売買できる力のこと。

約定率が低くスリッページが多発するFX業者だと、スリッページの見えないコストが膨れ上がってしまいます。

スリッページの起こりやすさは、海外FX業者の約定率をチェックすれば分かります。

約定率が90%の業者なら、100回の注文のうち10回はスリッページの可能性があります。

見えないコストを増やさないためにも、約定率の高さにこだわって業者を選びましょう。

スプレッドは口座タイプによって異なる

海外FX業者の中には、複数の口座タイプを用意しているところがあります。

口座タイプを複数用意するのは、目的に応じて柔軟にトレードできるようにするためです。

口座タイプは大きく分けると以下のように分けられます。

  • スプレッドが広い一般向けの口座
  • 取引手数料がかかる代わりにスプレッドが狭い低スプレッド口座
  • 国内FXと同じDD方式を採用している取引手数料無料の低スプレッド口座

低スプレッド口座は初回入金額が多いことやDD方式の口座だとスリッページが起こりやすいデメリットもあります。

事前に使いたい口座が決まっているなら、使いたい口座タイプのスプレッドを確認しておきましょう。

業者によって公式サイトのスプレッドは異なる

各海外FX業者のスプレッドは公式サイトに掲載されています。

ただし、掲載されているスプレッドの種類は海外FX業者ごとに違います。

最小スプレッドを掲載している業者もあれば、平均スプレッドを掲載している業者、リアルタイムスプレッドを掲載している業者もあります。

最小スプレッドを掲載している業者は、他の業者が掲載しているスプレッドよりも狭くなりますが、そのスプレッド通りに取引できるわけではないので注意してください。

公式サイトのスプレッドを比較するときは、どの種別のスプレッドか掲載されてを必ず確認するようにしましょう。

STP口座(スタンダード)のスプレッド比較

※平均スプレッドで表示

海外FX業者USD/JPYGBP/JPYEUR/USD対象口座総合評価
1.3pips1.9pips1.4pipsスタンダード5.0
海外FXスプレッド比較プロ:TITANFXTITANFX1.3pips2.45pips1.2pipsスタンダード4.8
海外FXスプレッド比較プロ:AXIORYAXIORY1.5pips2.7pips1.3pipsスタンダード4.5
海外FXスプレッド比較プロ:BigBossBigBoss1.5pips2.5pips1.7pipsスタンダード4.2
海外FXスプレッド比較プロ:XMXM1.6pips3.5pips1.6pipsスタンダード3.5
海外FXスプレッド比較プロ:HotForex HotForex1.7pips3.0pips1.2pipsマイクロ3.5
海外FXスプレッド比較プロ:MiltonMarketMiltonMarket1.7pips2.0pips2.4pipsスタンダード3.2
海外FXスプレッド比較プロ:TradeviewTradeview1.8pips2.3pips1.7pipsスタンダード3.2
海外FXスプレッド比較プロ:FBSFBS2.0pips4.0pips1.1pipsスタンダード3.0

 
ドル円はGEMFOREXとTITANFXが1.3pipsと一番狭いです。

ポンド円はGEMFOREXが1.9pipsと狭いためGEMFOREXが総合評価で高い結果となりました。

ECN口座のスプレッド比較

※取引手数料を加味し、平均スプレッドで表示

海外FX業者USD/JPYGBP/JPYEUR/USD対象口座総合評価
0.3pips1.0pips0.3pipsノースプレッド5.0
海外FXスプレッド比較プロ:TradeviewTradeview0.6pips1.0pips0.7pipsILC・cTrader4.8
海外FXスプレッド比較プロ:HotForex HotForex0.8pips2.0pips0.7pipsゼロスプレッド4.5
海外FXスプレッド比較プロ:MiltonMarketMiltonMarket0.9pips1.3pips0.9pipsプレミアム4.2
海外FXスプレッド比較プロ:TITANFXTITANFX1.03pips2.15pips0.9pipsZeroブレード4.0
海外FXスプレッド比較プロ:XMXM1.1pips2.1pips1.1pipsゼロ3.8
海外FXスプレッド比較プロ:BigBossBigBoss1.2pips1.8pips1.4pipsプロスプレッド3.6
海外FXスプレッド比較プロ:AXIORYAXIORY1.5pips2.7pips1.3pipsナノスプレッド3.2
海外FXスプレッド比較プロ:FBSFBS2.0pips8.0pips2.0pipsゼロスプレッド3.0

 
ドル円・ポンド円・ユーロドル全てにおいてGEMFOREXが一番狭いことがわかりました。

海外FXスプレッド最狭比較ランキングTOP10

数ある海外FX業者の中から、スプレッドが最挟で優良な会社をおすすめ順にランキング形式でご紹介します。

海外FXのスプレッドが最挟でかつ優良会社を探しているトレーダーに参考にしてもらいたいです。

第1位 GEMFOREX

海外FXスプレッド比較ランキング第1位 GEMFOREX
STP口座ECN口座約定率
ドル円1.4pipsドル円0.3pips
(取引手数料無料)
99%

GEMFOREXは、豪華なボーナス・ハイレバレッジ・無料EA使い放題・完璧な日本語サポートなどで人気を集めている海外FX業者。

スタンダード口座(STP口座)は、ドル円やユーロドルなどの通貨ペアにおいて1.3pipsと業界でも最高水準を実現しています。

初回入金額が100円と安く、口座開設ボーナスや入金ボーナスを受け取れるので初心者にもおすすめの口座になります。

第2位 AXIORY

海外FXスプレッド比較ランキング第2位 AXIORY
STP口座ECN口座約定率
ドル円1.5pipsドル円1.0pips
(取引手数料0.5pips)
99%

AXIORYの約定率は99%を超えており、スリッページやリクオートなどの発生報告も少なく、見えないコストの発生は少ないです。

海外FX業者の中で比較すると狭い部類に入りますが、GEMFOREXのECN口座に比べると、スプレッドは一歩及ばず。

STP口座のユーロドルのスプレッドは1.2pipsで、第1位のGEMFOREXに並ぶ狭さです。

第3位 TITANFX

海外FXスプレッド比較ランキング第3位 TITANFX
STP口座ECN口座約定率
ドル円1.3pipsドル円0.33pips
(取引手数料0.7pips)
99%

TITANFXは、STP口座・ECN口座共にスプレッドは狭いですが、上位の業者に比べると広め。

MT4、MT5などのプラットフォームを使ったトレードや、コピートレードが人気を集めています。

ボーナスの提供はないですが、ボーナスがない代わりに狭いスプレッドで取引できる環境を提供するスタンス。

第4位 MILTON MARKETS

海外FXスプレッド比較ランキング第4位 MILTON MARKETS
STP口座ECN口座約定率
ドル円1.7pipsドル円0.5pips
(取引手数料0.4pips)
99%

MILTON MARKETSはスタンダード口座とプレミアム口座の2タイプがあり、プレミアム口座の取引手数料は0.8pipsです。

ボーナスは常設されていませんが、定期的に入金100%ボーナスや口座開設ボーナスなどを行っています。

トータルバランスも優れていますが、ランキング上位の海外FX業者に比べると、一歩及ばず。

第5位 Tradeview

海外FXスプレッド比較ランキング第5位 Tradeview
STP口座ECN口座約定率
ドル円1.8pipsドル円0.1pips
(取引手数料0.5pips)
99%

TradeviewのSTP口座でもっとも狭い通貨ペアがユーロドルで1.7pips。

ただし、ECN口座を利用する場合は初回入金額が10万円以上必要になるため、ある程度の資金がないとECN口座でトレードするのは難しいです。

ECN口座のスプレッドは狭いものの、STP口座のスプレッドは広い。

そのため、STP口座メインで利用するトレーダーにはおすすめできません。

第6位 XM

海外FXスプレッド比較ランキング第6位 XM
STP口座ECN口座約定率
ドル円1.6pipsドル円0.1pips
(取引手数料1.0pips)
99%

XMは、888倍レバレッジ、口座開設ボーナス、入金ボーナス、高い約定率、日本語サポートなどバランスが良い海外FX業者でもありますが、スプレッドに関しては平均以下。

「この通貨ペアが特に広い!」という通貨ペアはありません。

STP口座のユーロドルが1.6pipsとなっているように、他の海外FX業者のSTP口座に比べて広め。

888倍レバレッジや約定率の高さなどを見るとスキャルピングにぴったりの業者ですが、取引コストは膨れ上がってしまいます。

初回入金額は500円と初心者トレーダーにもハードルが低い業者です。

第7位 FBS

海外FXスプレッド比較ランキング第7位 FBS
STP口座ECN口座約定率
ドル円2.0pipsドル円1.4pips
(取引手数料0.6pips)
95%

FBSは2009年からサービスを行っている海外FX業者で、最大レバレッジ3000倍が使える業者として一躍有名になりました。

STP口座・ECN口座ともに狭いスプレッドで取引ができますが、約定率が95%とかなり低め。

スリッページも多く、見えないコストの発生が懸念されます。

また、円口座が使えない・国内銀行入金に非対応・日本語サポートにもやや不安など、海外FX初心者にとっては使いにくい部分も多くあります。

第8位 BigBoss

海外FXスプレッド比較ランキング第8位 BigBoss
STP口座ECN口座約定率
ドル円1.4pipsドル円0.3pips
(取引手数料0.9pips)
99%

BigBossのスプレッドは平均よりやや広めで、ECN口座の取引手数料も1ロットあたり0.9pipsほどかかります。

ボーナスキャンペーンもなく、使えるレバレッジも555倍と平均的 。

ライセンスがマイナーなことや信託保全がないなど、信頼性で不安が残る部分もあります。

第9位 HOTFOREX

海外FXスプレッド比較ランキング第9位 HOTFOREX
STP口座ECN口座約定率
ドル円1.7pipsドル円0.2pips
(取引手数料0.6pips)
99%

HOTFOREXは低スプレッドを謳っている業者ですが、STP口座もECN口座も平均的。

ドル建て・ユーロ建て口座のみとなっており、円建て口座を使うことができません。

また、入出金方法はクレジットカードやビットコイン、ビットウォレットと少なく、銀行送金に対応していません。

初回入金額は500円からと良心的ですが、やや使いにくい業者。

第10位 iFOREX

海外FXスプレッド比較ランキング第10位 iFOREX
STP口座ECN口座約定率
ユーロドル1.8pips~なし99%

iFOREXは、1996年にサービスを開始した海外FX業者です。

公式では低スプレッドを売りにしていますが、ECN口座がなくSTP口座も平均よりかなり広めに設定されています。

iFOREXには信託保証がなく、サーバーエラーもときどき発生しています。

安定して取引できる環境とは言い難く、特に海外FXの経験が浅い人は要注意。

スプレッドが最挟のGEMFOREXがおすすめ

スプレッドが極狭のGEMFOREXがおすすめ
最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1,000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間

総合評価|★★★★★
アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGEMFOREX
今なら口座開設でボーナスプレゼントキャンペーン中なので入金しなくてもトレードができます。また、ゼロカットシステムで初心者にも安心して利用できます。最大レバレッジ1,000倍
・追証なしのゼロカットシステム・日本語サポートが充実・金融ライセンス所有・入金方法も豊富・初回最低入金額100円・自動売買ソフトを200種類以上・VPSも条件付きで無料提供しているのでおすすめです!クイック口座開設できますのでこの機会にぜひGEMFOREXでお試しトレードしましょう。

海外FXのスプレッドについてよくある質問

ここでは海外FXのスプレッドについてよくいただく質問をまとめました。

海外FXは早朝にスプレッドが広がるのはなぜ?

早朝にスプレッドが広がる理由は、取引量が低下するためです。

トレードに参加するトレーダーが少ないと、大口の注文が入るとレートが飛んでしまうことがあります。

そのようなことにならないために、取引量の低下によってFX業者がスプレッドを調整しています。

詳しい説明は「海外FXのスプレッドが早朝に広がる理由と対処法」の記事を参考にしてください。

海外FXのスプレッドでリアルタイムでみる注意点は?

FX業者によってスプレッドの幅は異なります。

早朝や休日などのトレードの量が少ない時間帯にはスプレドが広くなる傾向があり、同じ時間帯でも業者によってスプレッドの幅が異なります。

リアルタイムスプレッドはそれぞれのFX業者ごとに確認しましょう。

平均スプレッドや最小スプレッドが狭くても、トレードするタイミングでスプレッドが広がっていては意味がありません。

レートが常に動いているように、スプレッドも常に変動します。

海外FXのリアルタイムスプレッド計算方法」の記事も参考にしてください。

海外FXのスプレッドは広いのに人気があるのはなぜ?

海外FXにはゼロカットシステムがあるからです。国内FXにはありません。

ゼロカットシステムとは、ロスカットシステムが間に合わずに、口座残高がマイナスになっても、そのマイナス分を海外FX業者が肩代わりしてくれるシステムのことです。

また、レバレッジも国内FX業者と比べて遥かに高いため、ハイレバレッジを使ってレートが逆に動いても借金を背負う心配がありません。

海外FXのスプレッドが広くても人気のある理由」の記事でも詳しく説明しています。

海外FXのスプレッドが最小なのはどこ?

GEMFOREXのノースプレッド口座です。

USD/JPYの平均スプレッドは0.3pipsで、手数料が無料のため、小さなコストでトレードができる海外FX業者になります。

海外FXトレードの初心者が始めるにはどの通貨ペアがいい?

「USD/JPY」「EUR/USD」「EUR/JPY」の通貨ペアです。

ドルとユーロと円は取引量が非常に多い通貨なので、他の通貨ペアに比べると値動きが安定していることやスプレッドも狭くなっています。

まずは、これらの通貨ペアで取引に慣れてから値動きが大きい他の通貨ペアに挑戦していいくのがよいでしょう。

海外FXでスキャルピングをするならどこの会社がいい?

GEMFOREXのオールインワン口座です。

最低入金額は100円。

低スプレッドなので初心者さんにはもちろんのこと、余分なコストを抑えてトレードしたい人にもおすすめです。

海外FXのスキャルピング手法や注意点とおすすめの会社」の記事でも詳しく説明しています。

海外FXのスプレッドが狭い口座:初心者向けおすすめ3選

ここでは海外FXトレード初心者向けのスプレッドが狭い口座を3つ紹介します。

GEMFOREXのオールインワン口座

GEMFOREX:オールインワン口座
口座タイプオールインワン口座
最大レバレッジ1000倍
スプレッド1.2pips~
取引手数料無料
最小取引量1000通貨
最小取引金額100円
自動売買EA・ミラートレードの使い放題サービス
ボーナス・口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・入金ジャックポットボーナス
・友達紹介ボーナス
・損失補填ボーナス
スキャルピング対応

海外FX業者GEMFOREXのオールインワン口座。

業界トップクラスのスプレッドの狭さをはじめ、最大1000倍レバレッジや最小取引金額100円など少ない資金で取引しやすい環境が整っています。

他にも5種類のボーナスが用意されており、受け取ったボーナスを元手に取引を始めることもできます。

非常にバランスの取れた口座なので、海外FX初心者はもちろん、中級者以上のトレーダーからも高い支持を得ています

AXIORYのスタンダード口座

AXIORY:スタンダード口座
口座タイプスタンダード口座
最大レバレッジ400倍
スプレッド1.5pips~
取引手数料無料
最小取引量1000通貨
最小取引金額5000円
自動売買対応
ボーナスなし
スキャルピング対応

AXIORYのスタンダード口座も海外FX初心者が使いやすい口座。

最小取引金額が5000円の入金で取引を始められます。

最大レバレッジは400倍とやや低いので、大きなレバレッジを使いたくない初心者におすすめ。

ボーナスはありませんが、自動売買やスキャルピングなどに対応しているため、狭いスプレッドを活かした取引ができます。

XMのマイクロ口座

XM:マイクロ口座
口座タイプマイクロ口座
最大レバレッジ888倍
スプレッド1.6pips~
取引手数料無料
最小取引量10通貨
最小取引金額500円
自動売買対応
ボーナスなし
スキャルピング対応

XMのマイクロ口座。

マイクロ口座の特徴は10通貨から取引できることです。

少ない資金で取引を始めることができるので、リスクを抑えて取引したい海外FX初心者におすすめ。

ボーナスを上手に活用することで証拠金をさらに増やして取引ができます。

スプレッドは広めですが、それをカバーできるだけのメリットがあります。

海外FXのスプレッドが狭い口座:中級者向けおすすめ3選

ここでは海外FXトレード中級者向けのスプレッドが狭い口座を3つ紹介します。

TITANFXのスタンダード口座

TITANFX:スタンダード口座
口座タイプスタンダード口座
最大レバレッジ500倍
スプレッド1.3pips~
取引手数料無料
最小取引量1000通貨
最小取引金額2万円
自動売買対応
ボーナスなし
スキャルピング対応

TITANFXのスタンダード口座はスプレッドがかなり狭く、なおかつ取引手数料がかからないSTP口座。

ボーナスを提供しない代わりにスプレッドや約定力に力を入れています。

安定した環境で取引できるのが魅力ですが、最小取引金額が2万円とやや高めになっています。

ボーナスの提供もないため、ある程度の資金力がある中級者以上のトレーダー向きです。

MILTON MARKETSのFLEX口座

MILTON MARKETS:FLEX口座
口座タイプFLEX口座
最大レバレッジ1000倍
スプレッド1.7pips~
取引手数料無料
最小取引量1000通貨
最小取引金額3万円
自動売買対応
ボーナス・口座開設ボーナス
・入金ボーナス
スキャルピング対応

MILTON MARKETSのFLEX口座は、取引手数料がかからずスプレッドが狭いスタンダードタイプの口座。

最大1000倍のレバレッジを使って自動売買やスキャルピングを行うこともできます。

口座開設ボーナスや入金ボーナスなどがありますが、初回入金額が3万円とやや高めに設定されているため、初心者よりも中級者に向いています。

HOTFOREXのプレミアム口座

HOTFOREXのプレミアム口座
口座タイププレミアム口座
最大レバレッジ500倍
スプレッド1.7pips~
取引手数料無料
最小取引量1000通貨
最小取引金額1万円
自動売買対応
ボーナス・口座開設ボーナス
・入金ボーナス
スキャルピング対応

HOTFOREXのプレミアム口座は、HOTFOREXが提供する口座タイプの中でも特に高い人気が

口座開設や入金ボーナスで証拠金を増やし、最大500倍のレバレッジを使ってスキャルピングや自動売買ができます。

最小取引金額が1万円とやや高めになっていることや公式サイトが完全日本語対応してないことから中級者向けの口座タイプです。

海外FXのスプレッドが狭い口座:上級者向けおすすめ3選

ここでは海外FXトレード上級者向けのスプレッドが狭い口座を3つ紹介します。

GEMFOREXのノースプレッド口座

HOTFOREX:ノースプレッド口座
口座タイプノースプレッド口座
最大レバレッジ1000倍
スプレッド0.3pips~
取引手数料無料
最小取引量1000通貨
最小取引金額30万円
自動売買非対応
ボーナスなし
スキャルピング対応

GEMFOREXが提供する低スプレッド口座のノースプレッド口座。

取引手数料が無料でありながら、0.3pipsという業界トップの狭いスプレッドで取引ができます。

ボーナスがなく初回入金額が30万円と高いデメリットがありますが、スキャルピングができるため少ないコストで利益を積み上げることができます。

30万円以上の資金が使えるなら迷わずノースプレッド口座をおすすめします。

TitanFXのブレード口座

TitanFX:ブレード口座
口座タイプブレード口座
最大レバレッジ1000倍
スプレッド0.2pips~
取引手数料1ロットの取引あたり0.7pips
最小取引量1000通貨
最小取引金額2万円
自動売買対応
ボーナスなし
スキャルピング対応

TitanFXが提供する低スプレッド口座、ブレード口座。

取引手数料が1ロットあたり0.7pipsほどかかります。

スプレッドが0.2pips~とかなり狭く、スタンダードタイプ口座よりもさらに狭いスプレッドで取引できます。

取引手数料の計算が面倒というデメリットがありますが、それ以外のスペックはスタンダードタイプ口座と大きく変わりません。

スタンダード口座で慣れたらブレード口座にステップアップするのもよいでしょう。

AXIORYのナノ口座

AXIORY:ナノ口座
口座タイプナノ口座
最大レバレッジ400倍
スプレッド0.2pips~
取引手数料1ロットの取引あたり0.6pips
最小取引量1000通貨
最小取引金額5000円
自動売買対応
ボーナスなし
スキャルピング対応

AXIORYが提供する低スプレッド口座、ナノ口座。

取引手数料が1ロットあたりの取引で0.6pipsほどかかります。

スプレッドが低いことから取引手数料を加味しても1pips以下のスプレッドで取引ができます。

最小取引金額が少ないため、少ない資金で低スプレッド口座を使って取引できるのもメリット。

初心者向け口座の通貨ペアスプレッド比較

初心者向け口座として、GEMFOREXのオールインワン口座、AXIORYのスタンダード口座、XMのマイクロ口座の3つを紹介しました。

ここでは、初心者向け口座の通貨ペアごとのスプレッドを比較していきます。

米ドル/円のスプレッド比較

初心者向け口座米ドル/円のスプレッド比較
海外FX業者米ドル/円
(USD/JPY)
GEMFOREX
(オールインワン口座)
1.2pips~
AXIORY
(スタンダード口座)
1.5pips~
XM
(マイクロ口座)
1.6pips~

米ドル/円は海外FX初心者におすすめの通貨ペア。

GEMFOREXのスプレッドがもっとも狭く、次いでAXIORY、XMという順になっています。

ユーロ/円のスプレッド比較

初心者向け口座ユーロ/円のスプレッド比較
海外FX業者ユーロ/円
(EUR /JPY)
GEMFOREX
(オールインワン口座)
1.4pips~
AXIORY
(スタンダード口座)
1.5pips~
XM
(マイクロ口座)
2.5pips~

ユーロ/円はヨーロッパで使われている統一通貨のユーロと円を組み合わせたクロス通貨ペア。

クロス通貨ペアの中では特に値動きが安定している通貨になります。

GEMFOREXとAXIORYのスプレッドは同水準ですが、XMのスプレッドはやや高めになっています。

英ポンド/円のスプレッド比較

初心者向け口座英ポンド/円のスプレッド比較
海外FX業者英ポンド/円
(GBP/JPY)
GEMFOREX
(オールインワン口座)
1.9pips~
AXIORY
(スタンダード口座)
1.9pips~
XM
(マイクロ口座)
2.8pips~

英ポンド/円はイギリスのポンドと円の通貨ペアで、他の通貨ペアに比べると値動きが大きい特徴があります。

殺人通貨とも呼ばれるポンドですが、英ポンド/円はスプレッドが比較的狭いことからスキャルピングが人気。

GEMFOREXとAXIORYのスプレッドは同じですが、XMのスプレッドはやや高めになっています。

ユーロ/米ドルのスプレッド比較

初心者向け口座ユーロ/米ドルのスプレッド比較
海外FX業者ユーロ/米ドル
(EUR/USD)
GEMFOREX
(オールインワン口座)
1.2pips~
AXIORY
(スタンダード口座)
1.1pips~
XM
(マイクロ口座)
1.6pips~

ユーロ/米ドルは、取引量1位のドルと取引量2位のユーロの通貨ペア。

もっとも値動きが安定している通貨ペアで、かなり狭いスプレッドで取引ができます。

GEMFOREXとAXIORYのスプレッドは同水準ですが、XMのスプレッドはやや高く設定されています。

英ポンド/米ドルのスプレッド比較

初心者向け口座英ポンド/米ドルのスプレッド比較
海外FX業者英ポンド/米ドル
(GBP/USD)
GEMFOREX
(オールインワン口座)
2.2pips~
AXIORY
(スタンダード口座)
1.8pips~
XM
(マイクロ口座)
2.4pips~

英ポンド/米ドルは、イギリスポンドと米ドルの通貨ペア。

イギリスがヨーロッパにあることからユーロ/米ドルと近い値動きをしますが、値幅はユーロ/米ドルに比べるとかなり大きい特徴があります。

AXIORYのスプレッドがもっとも狭く、次いでGEMFOREX、XMという順になっています。

豪ドル/米ドルのスプレッド比較

初心者向け口座豪ドル/米ドルのスプレッド比較
海外FX業者豪ドル/米ドル
(AUD /USD)
GEMFOREX
(オールインワン口座)
1.5pips~
AXIORY
(スタンダード口座)
1.6pips~
XM
(マイクロ口座)
1.9pips~

豪ドル/米ドルは、オーストラリアドルと米ドルの通貨ペア。

以前はスワップポイント狙いで人気の通貨ペアでしたが、オーストラリアの金利が下がったことから今はスキャルピングやデイトレードで主に運用されています。

GEMFOREXとAXIORYのスプレッドは同水準ですが、XMのスプレッドはやや高くなっています。

海外FX税金・確定申告の関連記事

こんどう
利益がたくさん出た場合気を付けなければいけないのが税金の納税節税テクニックを身につけお得に確定申告しましょう。

こんどうゆういちろう
この記事を書いた人
こんどうゆういちろう

大学卒業と同時に大手銀行の営業マンとして約11年働き、その後、某国内証券会社に転職。
日本のFX市場に大きな憤りを感じ、約3年前に某海外FX会社に転職し、現在マーケティング部門を担当。
国内から海外の会社に転職するきっかけになったのはレバレッジ。
多くの人に海外FXレバレッジの魅力を知ってもらいたく記事を書くことにしました。

Twitter:https://twitter.com/YuichiroKondo2