海外FXのスプレッドには固定と変動がある。メリット・デメリットを比較

海外FXのスプレッドには固定と変動がある。メリット・デメリットを比較

この記事のまとめ

海外FXの変動スプレッドと固定スプレッドを徹底解説!

海外FX歴10年以上の筆者が、変動スプレッドと固定スプレッドのメリットやデメリットを徹底比較。

あわせて変動スプレッドや固定スプレッドのおすすめ業者を紹介。

海外FXのスプレッドには、変動スプレッドと固定スプレッドの2タイプがあります。

スプレッドタイプは各FX業者や口座タイプによって異なります。

こんどう
海外FXの変動スプレッドと固定スプレッドのメリットやデメリット。

それぞれのスプレッドタイプでおすすめの海外FX業者も紹介します。

経済指標発表前後・早朝スキャルピングなら固定スプレッド

固定スプレッドとは、常に一定のスプレッドで取引できるスプレッドタイプです。

為替の動きが安定しているときもレートが荒れているときもスプレッドは固定されています。

固定スプレッドは、経済指標発表前後や早朝のスキャルピングなどに向いています。

その理由を紹介します。

スプレッドをこまかくチェックする必要がない

経済指標発表前後や早朝は他の時間帯に比べると値動きが大きく、変動スプレッドだとスプレッドは刻々と変化します。

スプレッドが狭いタイミングを狙ってエントリーしても、スリッページが発生する場合もあります。

固定スプレッドはスプレッドが固定されたままになっているので、スプレッドの動きをチェックする必要がなく取引に集中できます。

変動スプレッドよりも狭いスプレッドで取引ができる

レートの動きに連動してスプレッドが変化する変動スプレッドは、通常時のスプレッドは狭いメリットがあるものの、値動きが大きくなるタイミングはスプレッドが広くなります。

経済指標発表前後や早朝に限定すれば、変動スプレッドよりも狭いスプレッドで取引できるので固定スプレッドがおすすめ。

固定スプレッドで大きな利益が狙える

経済指標発表前後や早朝は大きな値動きを狙って大きな利益が狙えます。

変動スプレッドだとスプレッドのコストが大きくなって手元に入る利益は減りますが、固定スプレッドなら値動きの大きさに対してスプレッドは狭くなるため、効率よく利益を増やすことができます。

値動きが大きなタイミングで稼ぐなら固定スプレッドがおすすめ。

海外FX初心者なら変動スプレッド

変動スプレッドとは、値動きに応じてスプレッドが変動するタイプです。

値動きが小さいタイミングは狭いスプレッドで取引できますが、値動きが大きなタイミングはスプレッドが広がります。

変動スプレッドは海外FX初心者に向いています。

その理由を紹介します。

多くの海外FX業者が変動スプレッドを導入している

海外FX初心者に変動スプレッドをおすすめするのは、多くの海外FX業者が変動スプレッドを導入しているためです。

固定スプレッドを導入している業者は少なく、対応している業者があっても初心者向きのスペックではない可能性があります。

さまざまな業者から自分に合った業者を選ぶなら、変動スプレッドに対応している業者から選ぶことになります。

平常時は常に狭いスプレッドで取引ができる

変動スプレッドは、為替変動がゆるやかな平常時に狭いスプレッドで取引できるメリットがあります。

1日の中で大半の時間はレート変動が小さく、自分のタイミングで取引したいときに狭いスプレッドで取引しやすいです。

固定スプレッドはレートの動きが大きいときにスプレッドが広がらない代わりに、平常時のスプレッドは変動スプレッドに比べて広めに設定されています。

スキャルピングでコストを抑えながら大きな利益が狙える

変動スプレッドはスキャルピングに最適

スプレッドが狭いタイミングを狙ってスキャルピングすれば、取引コストを最小限に抑えながら効率よく利益を増やすことができます。

特にもともとのスプレッドが狭いドル円やユーロドル、ユーロ円などの通貨ペアなら大きな為替変動が起こることも少なく低リスクで運用できます。

固定スプレッド、変動スプレッドのメリットデメリット比較

以下の表では、固定スプレッド・変動スプレッドのメリット・デメリットを比較しています。

スマホでご覧の方は横にスクロールできます→

固定
スプレッド
変動
スプレッド
おすすめの
トレードレベル
中級者以上初心者以上
メリット①スプレッドが為替変動の影響を受けない
②スプレッドの計算が簡単にできる
③スプレッドの急激な広がりに伴うスリッページを防げる
①平常時なら狭いスプレッドで取引ができる
②スキャルピングとの相性が抜群
③対応している海外FX業者が多い
デメリット①平常時のスプレッドが変動スプレッドより広い
②対応している海外FX業者が少ない
①為替変動発生時のスプレッドが固定スプレッドより広い
②スプレッドの計算が面倒

 
導入している業者が多くて平常時なら狭いスプレッドで取引できる変動スプレッドは初心者以上向き、スプレッドの広がりやスリッページを防げる固定スプレッドは中級者以上向き

まずは変動スプレッドを導入している業者を選び、慣れたら固定スプレッドを導入している業者で取引する流れをおすすめします。

固定スプレッド、変動スプレッドおすすめ海外FX

ここでは、固定スプレッド・変動スプレッドを導入しているおすすめの海外FX業者をそれぞれ紹介します。

固定スプレッドのおすすめ海外FX業者:easyMarkets

取引環境最大レバレッジ初回入金額取引ツール
内容400倍1万円MT4/独自ツール
ゼロカット取引手数料スプレッドボーナス
対応無料2.0pips~2種類

 
easyMarketsは、2001年に設立した老舗の海外FX業者。

完全固定スプレッドを導入している業者で、ドル円のスプレッドは2.0pipsです。

経済指標発表時や早朝にスプレッドが広がることもありません。

スプレッドを気にせず安心して取引できます。

また口座開設ボーナスや入金ボーナスなど各種キャンペーンも充実しています。

変動スプレッドのおすすめ海外FX業者:GEMFOREX

取引環境最大レバレッジ初回入金額取引ツール
内容1000倍100円MT4/MT5
ゼロカット取引手数料スプレッドボーナス
対応無料1.2pips~
(ノースプレッド口座は0.3pips~)
5種類

 

GEMFOREXは、2010年に設立された海外FX業者。

変動スプレッドを導入している業者で、スプレッドの狭さに特化しているノースプレッド口座だとドル円のスプレッドは業界トップクラスの0.3pips~という狭さになります。

またGEMFOREXは口座開設ボーナス、入金ボーナス、1000%入金ジャックポットボーナスなどボーナスが充実している業者です。

ボーナスで元手を増やすことで、スプレッドの損失をカバーすることができます。

サポートも充実しているので海外FX初心者でも取引しやすい業者。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です