海外FXいくらから始められる?いくら儲かる?国内と比較

海外FXいくらから始められる?いくら儲かる?国内と比較

この記事のまとめ

海外FXはいくらから始められるかを徹底解説!

10年以上の海外FX経験を持つ筆者が、実際に取引を始めた資金や利益などをトレードスタイルごとに紹介。

さらに海外FXで稼ぐコツやリスクなども分かりやすく解説。

海外FXは少額資金で大きな利益を狙える投資として知られています。

この仕組みを実現しているのがレバレッジ。

レバレッジを活用すれば100円でも取引を始められますが、それなりに稼ぐためにはもっと多くの資金が必要です。

こんどう
海外FXを始めるために必要な資金や狙える利益をはじめ、稼ぐコツや利益などを徹底解説しています。

トレードルールを自分で決める

海外FXに必要な資金はトレードスタイルによって異なります。

トレードスタイルには、取引時間が短い順からスキャルピング・デイトレード・スイングトレード・ポジショントレードの4つがあります。

まずはトレードスタイルごとに狙う利幅と損切り幅を見ていきましょう。

スマホでご覧の方は横にスクロールできます→

スタイル取引の特徴目標利幅損切り幅
スキャルピング数秒~数分の取引を
1日に数十回
5~30pips3~15pips
デイトレード数十分~1日の取引を
1日に数回
10~100pips5~50pips
スイングトレード数日~数週間の取引を
30~300pips
30~300pips15~150pips
ポジショントレード数カ月~数年の
取引を1年に数回
100~1000pips50~500pips

 
狙う利幅や損切り幅が異なってくると、取引に必要な資金も変わってきます。

海外FX初心者であれば、為替変動のリスクが小さいスキャルピングやデイトレードなどがおすすめです。

短い時間間隔の取引に慣れたら、スイングトレードやポジショントレードなども並行して行うと効率よく利益を出せます。

FX用語のロットとは?

海外FXの利益や損失を考える上で重要になるのがロットです。

ロットとは取引単位のことで、海外FXの場合は「1ロット=10万通貨」になります。

ロットと通貨量の関係

  • 1ロット:10万通貨
  • 0.1ロット:1万通貨
  • 0.01ロット:1000通貨

たとえば、1ドル100円の通貨で取引を行う場合に1ロットの取引をするために必要な資金は100円×10万通貨=1000万円です。

海外FX業者の多くは最低取引量を1000通貨としているので、0.01ロットから取引ができることになります。

取引量を計算する上でロットは便利な単位ですが、業者や口座タイプによっては「1ロット=1万通貨」や「1ロット=1000通貨」のように単位が異なっている場合があります

ロットの単位が変わるケースがあることから、この記事で取引量を紹介する場合は1000通貨や1万通貨のようにロットを用いずに紹介します。

資金はこれくらい必要

次にトレードスタイルごとに必要な最低資金を紹介します。

スマホでご覧の方は横にスクロールできます→

スタイルおすすめ
レバレッジ
1000通貨取引に
必要な資金
1万通貨取引に
必要な資金
10万通貨取引に
必要な資金
スキャルピング500倍200円2000円2万円
デイトレード50倍2000円2万円20万円
スイング
トレード
10倍1万円10万円100万円
ポジション
トレード
5倍2万円20万円200万円


※1ドル100円の通貨で取引することを想定
※証拠金維持率が100%になるように計算

 

多くの海外FX業者は1000通貨から取引ができます。

大きなレバレッジが使えるスキャルピングなら1000通貨の取引を200円で始めることができます。

大きなレバレッジが使いにくいスイングトレードやポジショントレードになると1000通貨の取引でも数万円の資金が必要です。

FXはいくらからはじめるのがベスト?

海外FXは1万円からはじめるのがベスト。

スキャルピングやデイトレードなら1回あたり1000円以下の資金で取引できますが、最初から効率よく勝ち続けられるとは限りません。

負けることも想定して1万円以上の資金を用意しておくと安心です。

スイングトレードやポジショントレードなどは数万円の資金が必要になるため、少額資金で始めるのには不向き。

まずはスキャルピングやデイトレードで利益を増やし、資金が5万円以上になったらスイングトレードやポジショントレードに挑戦する流れがよいでしょう。

これくらい稼げる

以下の表は、トレードスタイルごとの利幅と損失幅から狙える利益や損失などをまとめています。

スマホでご覧の方は横にスクロールできます→

スタイル利幅と損失幅1000通貨取引の
利益と損失
1万通貨取引の
利益と損失
10万通貨取引の
利益と損失
スキャルピング利幅:15pips
損失幅:7.5pips
利益:150円
損失:75円
利益:1500円
損失:750円
利益:1万5000円
損失:7500円
デイ
トレード
利幅:50pips
損失幅:25pips
利益:500円
損失:250円
利益:5000円
損失:2500円
利益:5万円
損失:2万5000円
スイング
トレード
利幅:200pips
損失幅:100pips
利益:2000円
損失:1000円
利益:2万円
損失:1万円
利益:20万円
損失:10万円
ポジション
トレード
利幅:500pips
損失幅:250pips
利益:5000円
損失:2500円
利益:5万円
損失:2万5000円
利益:50万円
損失:25万円

※1ドル100円の通貨で取引することを想定
 
一番小さい利幅のスキャルピングだと、1回あたりの取引で得られる利益は1000通貨の取引で150円ほどです。

一番大きい利幅のポジショントレードだと、1回あたりの利益で得られる利益は1000通貨の取引で5000円ほどになります。

スキャルピングは1回あたりの利益が小さいですが、1日に数十回の取引を行うため、10回勝つことができれば1500円の利益になります。

スキャルピングやデイトレードは取引回数を増やすことで利益を効率よく増やすことも可能。

リスクもある

海外FXには損失を被るというリスクもあります。

勝つことだけでなく、負けることも考えた上で戦略を立てることが大事!

損切りも戦略の1つになります。

損切り幅は、狙う利幅の半分程度に設定するのがコツです。

損小利大にすることで大きく負けるリスクを減らし、負けが続いても1回の勝ちで負けた分を回収できます。

ちなみに、海外FXは国内FXと違って借金を背負うリスクはありません。

国内FXは急な為替変動などでロスカットが間に合わず、口座残高がマイナスになった場合に借金の返済(追証)が必要です。

その点、海外FXには「追証なしのゼロカットシステム」と言って、口座のマイナス残高を海外FX業者が補填してくれるシステムがあります。

海外FXはリスクが高いと感じる方もいるかもしれません。

しかし、国内FXだと借金のリスクがあることや海外FXなら借金のリスクが0であることを踏まえると、海外FXの方が安全に安心して取引できます。

海外FXで稼ぐなら

ここでは、海外FXで稼ぐコツを3つ紹介します。

2%ルールに基づいて取引をしよう

海外FXでリスクを抑えながら取引するためには2%ルールを順守!

2%ルールとは、1回取引あたりの取引で許せる損失額を資金の2%に設定する手法です。

たとえば、1万円を元手に取引するなら200円の含み損、10万円を元手に取引するなら2000円の含み損を抱えた時点で取引を終了させます。

2%ルールに基づいた取引を行うことで大きな損失が発生しないメリットがあります。

複利運用をしよう

海外FXで稼ぐコツは複利運用!

複利運用とは、FXで出した利益を元本に加えて雪ダルマ式に利益を増やす運用法です。

利益を元本に上乗せして取引資金を増やせるので、さらに大きな利益が期待できます。

取引で得た利益はなるべく運用資金に回して効率よく利益を増やしましょう。

勝率60%を目指そう

残念ながら、FX投資で勝ち続けることはできません。

利益を出すためには、勝率60%を目指しましょう。

勝率を把握するためにも、トレード記録をつけることをおすすめ!

1日単位、1カ月単位、1年単位で勝率を算出し、勝率が60%に達してない場合は何が原因か追究して改善します。

手間がかかりますが、勝てるトレーダーは自己分析もしっかり行っています。

まずは自分がどれくらい勝てるトレーダーかどうかを把握するためにも勝率を算出してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です