ポンドドル(GBP/USD)トレードにおすすめの海外FX業者比較

ポンドドル(GBP/USD)トレードにおすすめの海外FX業者比較

この記事のまとめ

ポンドドル(GBP/USD)トレードにおすすめの海外FX業者を徹底比較!

10社以上の海外FX業者で取引した経験を持つ筆者が、ポンドドルのスプレッドをSTP口座・ECN口座ごとに比較!

スワップポイントやポンドドルにおすすめの海外FX業者などもご紹介!

ポンドドルは、取引量世界第4位のポンドと世界第1位のドルの通貨ペアです。

ドルやユーロ、円の通貨ペアに比べて値動きが大きく、この値動きに魅力を感じて取引を行うトレーダーも多くいます。

ポンドドルはスキャルピングやデイトレードなどの短期売買に人気の通貨ペアなので、スプレッドの狭さが海外FX業者選びのポイントになります。

この記事では、ポンドドルのスプレッドやスワップポイント、おすすめの海外FX業者などを紹介していきます。

STP口座(手数料なし)のスプレッド比較

STP口座は、取引手数料がかからないスタンダードタイプの口座で海外FX初心者に向いている口座です。

STP口座におけるポンドドルのスプレッドを比較します。

スマホでご覧の方は横にスクロールできます→

海外FX業者名口座名ポンドドルのスプレッド
GEMFOREXオールインワン口座2.0pips
XMスタンダード口座2.2pips
TradersTrustスタンダード口座2.1pips
TradeviewX Leverage口座2.0pips
TitanFXスタンダード口座1.8pips
Axioryスタンダード口座1.8pips
BigBossスタンダード口座2.3pips
LAND-FXLIVE口座1.8pips
FBSスタンダード口座3.1pips
Milton Marketsスタンダード口座1.7pips

 

ほとんどの業者で2pips前後のスプレッドで取引ができます。

ECN口座(手数料あり)のスプレッド比較

ECN口座は、スプレッドの狭さに特化した口座タイプです。

スプレッドが狭い代わりに、多くのECN口座では取引手数料がかかります。

取引手数料の計算が必要になるのがデメリットですが、それでもトータルの取引コストはSTP口座より少ない場合が多いです。

ここでは、ECN口座におけるポンドドルのスプレッドを比較しています。

スマホでご覧の方は横にスクロールできます→

海外FX業者名口座名取引手数料ポンドドルの
スプレッド
(取引手数料込み)
GEMFOREXノースプレッド口座なし1.2pips
(1.2pips)
XMZero口座1.0pips0.3pips
(1.3pips)
TradersTrustプロ口座0.6pips0.7pips
(1.3pips)
TradeviewILC口座0.5pips0.9pips
(1.4pips)
TitanFXブレード口座0.7pips0.6pips
(1.3pips)
Axioryナノスプレッド口座0.6pips0.6pips
(1.2pips)
BigBossプロスプレッド口座1.0pips0.9pips
(1.9pips)
LAND-FXECN口座
0.7pips0.7pips
(1.4pips)
FBSECN口座0.6pips0.8pips
(1.4pips)
Milton Marketsプレミアム口座0.6pips0.7pips
(1.3pips)

※取引手数料は1ロットあたり1往復の手数料をpips変換して計算しています。
 

全体的にSTP口座に比べると、取引手数料を含めてもECN口座のスプレッドの方が狭くなっています。

スキャルピングのようにスプレッドの狭さが重要な取引スタイルであれば、STP口座よりもECN口座で取引するのがおすすめです。

スワップポイントランキング比較

以下の表では、ポンドドルのスワップポイントをまとめています。

スマホでご覧の方は横にスクロールできます→

海外FX業者名買い
スワップ
売り
スワップ
GEMFOREX-335円-350円
XM-447円-413円
TradersTrust-476円-442円
Tradeview-537円-468円
TitanFX-365円-365円
Axiory-473円-464円
BigBoss非公開非公開
LAND-FX-389円-365円
FBS-456円-437円
Milton Markets-374円-347円

 
ポンドドルは金利差が小さいことから、買いスワップも売りスワップもマイナスです。

BIGBOSSは独自の計算を用いてスワップポイントを算出していて公式には非公開。

スワップポイントがマイナスになるのは、ポジションを長期保有されるとスプレッドの利益が入らないため、ポジション長期保有者からはスワップポイントから一定の手数料を徴収しています。

そもそもポンドドルは、スキャルピングやデイトレードなどの短期売買に向いている通貨ペア。

長期運用には向いていないことからスワップポイントはそこまで気にする必要はありません。

ポンドドル(GBP/USD)トレードにおすすめの海外FX業者比較

ポンドドル(GBP/USD)トレードにおすすめの海外FX業者比較
ポンドドルトレードにおすすめの海外FX業者は以下の3社。

  • GEMFOREX
  • XM
  • Axiory

それぞれの海外FX業者のスペックを以下の表にまとめています。

スマホでご覧の方は横にスクロールできます→

海外FX業者名最大レバレッジ最小取引金額ポンドドルスプレッド
(STP口座)
ポンドドルスプレッド
(ECN口座)
約定力ボーナス特徴
GEMFOREX1000倍100円2.0pips1.2pips99.99%5種類EA、ミラートレード使い放題
XM888倍500円2.2pips1.3pips99.35%3種類現地日本人スタッフが多い
Axiory400倍5000円1.8pips1.2pips99.98%なしcTraderが使える

 
スプレッドを最小限に抑えて取引するならAxioryがおすすめ。

ハイレバレッジを使って大きな取引がしたい人や、ボーナスを活用して元手を増やして取引したい人、ポンドドルの自動売買がやってみたい人はGEMFOREXをおすすめ。

また現地日本人スタッフのサポートを受けながら取引したい方にはXMがおすすめ。

ポンドは殺人通貨と呼ばれるように荒い値動きが特徴の通貨です。

急激な値動きに伴う損失に注意する必要がありますが、紹介した3社はいずれも追証なしのゼロカットシステムを導入しています。

ゼロカットシステムがあれば、ロスカットが間に合わず口座残高がマイナスになっても借金を請求されることはありません。

借金のリスクを背負うことなくポンドドルの取引ができます。

また値動きの大きなポンドドルはスキャルピング向きの通貨ペアです。

3社ともにスキャルピングも禁止されていないため、ポンドドルで取引するには最適な海外FX業者です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です