海外FXは早朝のスプレッドに要注意!早朝に広がる理由と対処法

早朝のスプレッドは開きやすい?早朝にスプレッドが広がる理由と対処法

海外FXの取引コストの中心はスプレッド。

スプレッドは買値と売値の差です。

スプレッドが広いほど取引コストも大きくなります。

要注意なのは、平日の早朝

  • なぜ、スプレッドは平日の早朝に広がるのか?
  • スプレッドが広がったらどう対処したらいいのか?

いろいろ疑問も出てきますよね。

こんどう
スプレッドが早朝に広がる原因や対処法について解説します。

要注意!海外FXのスプレッドが早朝に変動しやすい理由

要注意!海外FXのスプレッドが早朝に変動しやすい理由

海外FXのスプレッドが早朝に変動しやすいのは、他の時間帯に比べて価格変動(ボラティリティ)が大きくなりやすいからです。

価格変動が大きくなるとスリッページ(注文価格とは違う価格で約定する現象)が起こりやすくなるため、海外FX業者は損失を回避するためにスプレッドを広げて対応します。

価格変動が大きくなることから、この価格変動を狙って早朝に取引を行うトレーダーもいます。

スプレッドが広がっても、それ以上の価格変動で利益が狙えるというわけです。

海外FXのスプレッドが早朝に広がる理由は取引量が低下するため

海外FXのスプレッドが早朝に広がる理由は取引量が低下するため

早朝にスプレッドが広がる理由は、他の時間帯に比べて取引量が低下するためです。

海外FXのスプレッドが広がりやすい時間帯は、早朝の6時から8時にかけて。

FXは平日なら24時間いつでも取引できますが、日本の為替市場がクローズしていても、世界のどこかの為替市場はオープンしているので取引ができます。

市場によって取引の規模は大きく異なりますが、

  • ニューヨーク市場
  • ロンドン市場
  • 東京市場

の世界三大市場は、世界の為替を司っている市場と言っても過言ではありません。

3大市場のオープンしている時間帯は、

  • ニューヨーク市場:21:00~06:00
  • ロンドン市場:15:00~21:00
  • 東京市場:08:00~15:00

になります。

6時から8時頃にかけて、三大市場のすべてがクローズしている空白の時間が生じます。

この時間帯でもニュージランドのウェリントン、オーストラリアのシドニー市場はオープンしていますが、三大市場のように取引は活発に行なわれていません。

そのため、早朝は市場参加者が他の時間帯に比べて大幅に減ります

市場参加者が減ると大口の注文が入ればレートが急に飛ぶこともありますし、1人のトレーダーが市場に与える影響も大きくなります。

他の時間帯に比べて取引量の低下によってレート変動が大きくなり、それに伴って海外FX業者がスプレッドを広げるというわけです。

8時を過ぎれば東京市場がオープンするため、市場参加者が増えてレートの動きが安定してくるため、スプレッドも次第に狭くなります。

海外FXのスプレッドは月曜日の早朝に広がりやすい

海外FXのスプレッドは月曜日の早朝に広がりやすい
平日の早朝でも、スプレッドが特に広がりやすい曜日は月曜日です。

為替市場が閉まっている土日の間に、為替を大きく動かすイベントがあれば、週明けの月曜日の早朝に売買が急増し、金曜の終値と月曜の始値に大きな差が生じます。

チャートで見ると金曜日の終値と月曜日の始値が大きく窓の開いたような形に見えるため、「窓開け」といいます。

開いた窓は高い確率で閉まるため、このタイミングを狙ってトレードする人が急増します。

当然、反発する動きを狙った注文も増えるため、レートの動きは活発になり、スプレッドも広がるわけです。

火曜~木曜の早朝は取引量が少ないことでスプレッドは広がりますが、月曜の早朝は取引が集中することでスプレッドは広がります。

早朝スプレッドの3つの対処方法

早朝スプレッドの3つの対処方法
早朝スプレッドの対処方法は3つあります。

それぞれ詳しくみていきましょう。

スリッページ設定をする

海外FXのスプレッドが広がった時は、合わせてスリッページにも気を付けなければなりません。

スプレッドが広がっている時間はレートの動きが活発になっているため、トレードのチャンスと捉えて積極的に取引するトレーダーもいます。

しかし、スプレッドが広がっているタイミングに限って、注文したレートとは他のレートで約定するスリッページが起こりやすいものです。

スリッページが発生すると予定外の損失が発生するため、広がったスプレッドと合わせると大きな損失になります。

スプレッドが広がった時のスリッページ対処法として有効なのが、「スリッページの設定」です。

ただし、スリッページの許容設定範囲外で約定すると注文不成立となります。

ECN口座を利用する

海外FX業者の多くは、スプレッドが広いSTP口座とスプレッドが狭いECN口座があります。

ECN口座なら、0.0pipsのスプレッドでトレードできる通貨ペアもあります

その代わり、ECN口座だと取引ごとに取引手数料がかかります

スプレッドと取引手数料を合わせると、STP口座のスプレッドとほとんど変わらない場合も少なくありません。

ちなみに

例外として海外FX業者GEMFOREXのECN口座(ノースプレッド口座)は取引手数料が無料です。

ドル円の通貨ペアなら、スプレッドは0.3pipsという狭さになります。

早朝にスプレッドが広がっても、元々のスプレッドが狭いため損失も広がりません。

ノースプレッド口座はボーナスがもらえないデメリットもありますが、スプレッドが広がるタイミングでトレードに挑戦してみたい人にはおすすめの口座です。

GEMFOREXの口座開設はこちら

早朝のトレードを避ける

早朝にスプレッドが広がりやすいのは事前に分かっているので、リスク対策するなら早朝の取引を控えるのも有効な対処法です。

ポジションを1日単位で保有するデイトレードや、数日以上保有するスイングトレードだと、早朝の時間帯と取引が被ってしまう可能性もあります。

しかし、スキャルピングなら早朝の時間帯を避けてのトレードも可能です。

スキャルピングは1回あたりのポジション保有時間が数分から数十分で、1回の為替差益は小さいものの、数十回、数百回の取引を繰り返して利益を積み上げます。

国内FXだとスキャルピング禁止の業者が多いですが、海外FXはスキャルピングに寛容な業者が多いです。

「スキャルピングだと、1回あたりの利益が小さいし非効率・・。」と思う人もいるかもしれません。

海外FXは100倍や1000倍のハイレバレッジが使えます

1回の利幅が小さくても、レバレッジを効かせていれば、短時間で大きな利益も狙えます。

しかし、予期しない方向にレートが動くケースも多いため、初心者のうちはレートが安定しているスプレッドが狭いタイミングで取引するのをおすすめします。

海外FXの早朝トレードでおすすめな手法

海外FXの早朝トレードでおすすめな手法は以下の3つです。

それぞれの手法を詳しく紹介します。

窓開けトレード

窓開けトレードは、月曜日の早朝に発生するチャートの空白「窓」を狙ったトレード手法

窓は金曜日の終値と月曜日の始値に差が生じることで生まれますが、窓が開いてもすぐに反動が起こって金曜日の終値に近づく確率が高くなっています。

この法則を利用して取引を行うのが窓開けトレードです。

以下の画像をご覧ください。

金曜日の終値と月曜日の始値の間に空白(窓)ができているのが分かりますね。

このケースだと、窓が開けた直後に売り注文を入れ、金曜日の終値に価格が戻ったタイミングで買い決済を入れています。

要人などの発言や政治イベントがなければ、窓が閉じる可能性は90%ともいわれているように窓を狙った取引は高い確率で勝つことができます。

自動売買のスキャルピング

早朝はスプレッドが広くスキャルピングには向いていません。

取引回数が増えてスプレッドのコストが増大することや、大きな値動きにメンタルが左右されるためです。

しかし、スキャルピングに特化している自動売買は別です。
自動売買なら相場の状況に応じたスキャルピングを自動的に行い、機械的な取引を行うことからメンタルが影響されることもありません。

運用実績がしっかりあって勝率が高いEAなら、早朝のスキャルピングでも勝てる可能性があります。

自動売買で早朝スキャルピングするなら、スキャルピングに特化したEAを取り扱っている業者選びも必要。

ちなみに

海外FX業者のGEMFOREXにはEAの使い放題サービスがあり、スキャルピング系のEAも多く取り扱っています。

スキャルピング系のEAの中からダウンロード数や人気順などのランキング、勝率などを参考に選ぶことも可能です。

GEMFOREXの口座開設はこちら

オセアニアイベントを狙った指標トレード

早朝は世界の主要市場がクローズしていますが、オセアニア市場はオープンしています。

取引量が少なくなっていることから、オセアニアの経済イベントが値動きに与える影響は大きくなります。

オセアニアはオーストラリアやニュージーランドなども含まれます。

これらの国の経済指標発表は市場に大きな影響を与えるため、指標トレードで利益を狙うことも可能。

指標トレードはテクニカル分析やファンダメンタルズ(経済活動)分析などが必要ですが、他の市場がクローズしている分、分析しやすくなっています。

海外FXの早朝トレードは約定力が大切

海外FXの早朝トレードでは、スプレッドよりも約定力が重要。

約定力とは、注文を注文通りに成立させられる能力のこと。

海外FXの早朝トレードに約定力が大切な理由は以下の3つになります。

スリッページを減らせる

スリッページとは、発注・決済した際の価格と、実際に注文が確定したときの価格がズレてしまう現象

価格は刻々と変化していますが、注文してから決済されるまでにはタイムラグが生じます。

価格変動が大きくなるとタイムラグによる価格差が生じやすくなるため、価格変動が大きい早朝はスリッページが起こりやすくなっています。

せっかくベストなタイミングで注文・決済できても、スリッページが発生してしまうと損失が増えて利益を得ることができません。

約定力が高い業者ほどスリッページは少なくなります。

スリッページを減らすためには、約定力が大きな業者を選ぶことが重要!

約定拒否を減らせる

約定拒否とは、注文や決済が業者によって拒否されること

値動きが安定している平常時に約定拒否が起こることはほとんどありませんが、価格変動が大きくなっている早朝は海外FX業者のサーバーにも負荷がかかって対応できないことがあります。

約定拒否を減らすためには、約定力が高く約定拒否が少ない業者を選ぶことが重要!

リクオートを減らせる

リクオートとは、注文や決済しようとした価格とは違う価格を提示されること

リクオートは大きな価格変動やスプレッドの変化に業者が対応できず、そのまま注文や決済を通してしまうと業者が損失を被るため、それを回避するためにリクオートを行います。

リクオートも約定力が高い業者ほど起こりにくくなります。

海外FX業者の中にはリクオートなしと宣言している業者もあるので、このような業者を選ぶことが重要!

約定力に定評がある海外FX業者5社

ここでは、約定力に定評がある海外FX業者を紹介すると共に、通常時のスプレッドと早朝の最大スプレッドなどを比較します。

なお、約定スピードは注文してから約定するまでのスピードで約定率は注文が成立する確率。

約定スピードが速く約定率が高いほど約定力も高いと言えます。

※早朝スプレッドは日による変化が大きい点に注意
※スタンダードタイプの口座スプレッドで比較

GEMFOREX

海外FX:GEMFOREX
GEMFOREX:スタンダードタイプの口座
基本
スペック
概要
最大
レバレッジ
1000倍
最小取引
金額
100円
約定
スピード
0.78秒
約定率99.99%
リクオート、
約定拒否
なし

GEMFOREXは2014年に設立した海外FX業者。

1000倍レバレッジ、業界トップクラスのスプレッドや豪華なボーナスが有名ですが、約定力の高さにも定評があります。

GEMFOREXの通常時のスプレッドと早朝のスプレッドは以下の通りです。

スマホでご覧の方は横にスクロールできます→

通常時早朝
USD/JPY1.2pips~最大6.4pips~
EUR/JPY1.5pips~最大5.0pips~
GBY/JPY1.9pips~最大8.5pips~
EUR/USD1.2pips~最大4.0pips~
AUD/USD2.2pips~最大7.3pips~

早朝のスプレッドは5倍ほどの広がりとなっています。

もともとのスプレッドがかなり狭いことから、早朝も十分に狭いスプレッドで取引ができます。

特にEUR/USDのスプレッドは、他の海外FX業者と比較しても一番低い水準

XM

海外FX:XM
XM:スタンダードタイプの口座
基本
スペック
概要
最大
レバレッジ
888倍
最小取引
金額
500円
約定
スピード
0.036秒
約定率99.35%
リクオート、
約定拒否
なし

XMは2009年に設立した海外FX業者。

最大888倍レバレッジをはじめ、99%を超える高い約定率に加えて約定スピードも0.036秒とかなり早くなっています。

XMの通常時のスプレッドと早朝のスプレッドは以下の通りです。

スマホでご覧の方は横にスクロールできます→

通常時早朝
USD/JPY1.6pips~最大9.4pips~
EUR/JPY2.6pips~最大12.0pips~
GBY/JPY3.5pips~最大16.5pips~
EUR/USD1.6pips~最大7.0pips~
AUD/USD2.3pips~/td>

最大9.3pips~

早朝のスプレッドは5倍以内に抑えられています。

もともとのスプレッドがやや高いこともあって10pipsを超えるスプレッドの通貨ペアもあります。

AXIORY

海外FX:AXIORY
AXIORY:スタンダードタイプの口座
基本
スペック
概要
最大
レバレッジ
400倍
最小取引
金額
5000円
約定
スピード
0.17秒
約定率99.98%
リクオート、
約定拒否
あり

AXIORYは2013年に設立した海外FX業者。

99.98%を超える約定率や0.17秒の約定スピードなど約定力が高く、狭いスプレッドにも定評があります。

ただ、公式にリクオートや約定拒否は否定していないため、リクオートや約定拒否が発生する可能性があります。

AXIORYの通常時のスプレッドと早朝のスプレッドは以下の通りです。

スマホでご覧の方は横にスクロールできます→

通常時早朝
USD/JPY1.3pips~最大7.4pips~
EUR/JPY1.4pips~最大9.0pips~
GBY/JPY1.9pips~最大14.5pips~
EUR/USD1.2pips~最大8.0pips~
AUD/USD1.9pips~最大12.3pips~

ドル、円、ユーロなどの基軸通貨のスプレッドは10pips未満。

オーストラリアドルやポンドが絡む通貨は10pipsを超えています。

早朝のスプレッドは広がりやすくなっています。

TitanFX

海外FX:TAITANFX
TitanFX:スタンダードタイプの口座
基本
スペック
概要
最大
レバレッジ
500倍
最小取引
金額
2万円
約定
スピード
0.35秒
約定率99.97%
リクオート、
約定拒否
なし

TitanFXは2014年に設立した海外FX業者。

約定力が高くスプレッドも狭いため、スキャルピングなど短期的な取引に向いています。

ボーナスを提供しない代わりにスプレッドにこだわっています。

TitanFXの通常時のスプレッドと早朝のスプレッドは以下の通りです。

スマホでご覧の方は横にスクロールできます→

通常時早朝
USD/JPY1.2pips~最大8.4pips~
EUR/JPY1.3pips~最大9.5pips~
GBY/JPY2.4pips~最大8.2pips~
EUR/USD1.2pips~最大6.7pips~
AUD/USD1.5pips~最大9.3pips~

スプレッドの狭さに力を入れている業者ということもあり、早朝のスプレッドはすべての通貨ペアで10pips未満に抑えられています。

特にEUR/USDのスプレッドはかなり狭くなっています。

Hotforex

海外FX:HotForex
Hotforex:スタンダードタイプの口座
基本
スペック
概要
最大
レバレッジ
1000倍
最小取引
金額
500円
約定
スピード
0.04秒
約定率99.45%
リクオート、
約定拒否
なし

Hotforexは2010年に設立した海外FX業者。

最大レバレッジは1000倍と高く、約定スピードも業界トップクラスの速さを実現しています。

Hotforexの通常時のスプレッドと早朝のスプレッドは以下の通りです。

スマホでご覧の方は横にスクロールできます→

通常時早朝
USD/JPY1.3pips~最大8.9pips~
EUR/JPY1.3pips~最大8.5pips~
GBY/JPY1.9pips~最大11.2pips~
EUR/USD1.2pips~最大5.7pips~
AUD/USD1.9pips~最大13.3pips~

オーストラリアドルやポンドが絡む通貨ペアは早朝のスプレッドがかなり広がります。

基軸通貨ペアは10pips未満で特にUSD/JPYは5.9pipsと広がりをかなり抑えられていました。

海外FXの早朝トレードについてよくある質問

早朝トレードでおすすめの通貨ペアはありますか?

早朝はスプレッドが広がるため、通常時のスプレッドが低いドル円やユーロドルなどの通貨ペアがおすすめです。

早朝のスプレッドはどれくらい広がりますか?

日によって異なります。

市場の状況に応じて大きく広がることもあればほとんど広がらないこともあります。

ただし、スプレッドが普段から狭い業者はスプレッドの広がり幅が小さく、スプレッドが普段から広い業者はスプレッドの広がり幅が大きい傾向にあります。

早朝トレードのレバレッジはどれくらいがベストですか?

10倍から50倍程度をおすすめします。

価格変動の状況によって異なりますが、大きくても100倍以内に抑えるのが望ましいです。

まとめ:海外FXの早朝トレードについて

早朝トレードの中でも窓を狙った取引はサインが分かりやすく初心者にもおすすめ。

早朝トレードを行うなら「スプレッドの狭さ」と「約定力の大きさ」を重視!

ちなみに

今回紹介した海外FX業者の中だと、スプレッドが狭く約定力が大きいのはGEMFOREX。

EAの使い放題サービスがあるので、プログラムに任せて早朝スキャルピングで利益を狙うこともできます。

このようにGEMFOREXは早朝トレードしやすい環境が整っています。

ぜひ、GEMFOREXで早朝トレードに挑戦してみましょう。

GEMFOREXの口座開設はこちら

スプレッドが最挟のGEMFOREXがおすすめ

スプレッドが極狭のGEMFOREXがおすすめ
最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1,000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間

総合評価|★★★★★

アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGEMFOREX
今なら口座開設でボーナスプレゼントキャンペーン中なので入金しなくてもトレードができます。また、ゼロカットシステムで初心者にも安心して利用できます。最大レバレッジ1,000倍
・追証なしのゼロカットシステム・日本語サポートが充実・金融ライセンス所有・入金方法も豊富・初回最低入金額100円・自動売買ソフトを200種類以上・VPSも条件付きで無料提供しているのでおすすめです!クイック口座開設できますのでこの機会にぜひGEMFOREXでお試しトレードしましょう。

\約3分で登録完了/

海外FXのスプレッド比較、おすすめ業者ランキング

海外FXスプレッド比較ランキング

海外FX業者のスプレッドに注目して比較・ランキングしました。

FXトレード初心者さんにも安心の業者ばかりです。

会社選びに迷ったら、参考にしてください。

海外FXのスプレッドを比較。おすすめランキングTOP10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です