AXIORY(アキシオリー)のスプレッドを徹底比較!全通貨ペア・口座タイプ別の特徴

AXIORYのスプレッドの特徴!口座別・通貨ペア・他業者とスプレッドを徹底比較

AXIORYはスプレッドの狭さを売りにしている海外FX業者です。
海外FXに興味を持っている方なら、一度は聞いたことがある業者ではないでしょうか。

AXIORYにはスタンダード口座とナノスプレッド口座の2タイプの口座が用意されていて、口座タイプごとにスプレッドは異なります。
実際のところAXIORYのスプレッドはどうなのでしょうか。

この記事では、AXIORYのスプレッドをまとめています。

もくじ

AXIORYのスプレッドは口座タイプで違う

AXIORYには、スタンダードタイプの口座とナノ口座の2タイプの口座が用意されています。

スタンダードタイプの口座は取引手数料がかからないタイプの口座、ナノ口座は取引手数料がかかる代わりにスプレッドが狭いタイプの口座です。
ナノ口座の取引手数料は取引ごとにかかり、1ロットあたり片道の手数料は0.3pipsになります。

ただし、注文したタイミングと決済するタイミングでそれぞれ0.3pipsの取引手数料が発生するため計0.6pipsの取引手数料が発生します。

そのため、ナノ口座のスプレッドを見るときは取引手数料を加味して計算するのが基本です。

スプレッドは取引手数料を加味しても、ナノ口座の方が狭くなっています。

以下の表は、AXIORYのスタンダード口座とナノ口座の主要通貨ペアのスプレッドを比較した表になります。

※ナノ口座については取引手数料を加味したスプレッドを表示し、取引手数料を加味する前のスプレッドは()に示しています。

単位:pipsスタンダード
口座
ナノ
口座
取引手数料無料0.6pips
USD/JPY1.51.1(0.5)
EURJPY1.41.1(0.5)
GBP/JPY2.31.9(1.3)
AUD/JPY2.01.4(0.8)
EUR/USD1.30.9(0.3)
EUR/GBP1.61.0(0.4)
AUD/USD1.71.2(0.6)
GBP/USD1.61.0(0.4)
USD/CHF1.61.0(0.4)
CAD/JPY2.21.8(1.2)

ちなみにスタンダード口座もナノスプレッド口座も最大レバレッジは400倍、初回入金額は2万円で取引条件は同じです。

取引手数料があるかないかの違いになりますが、取引手数料の計算が面倒と感じる人ならスタンダード口座の方が使いやすいです。

ナノスプレッド口座のスプレッド

ナノスプレッド口座のスプレッドはスタンダード口座に比べてかなり狭くなっています。
このような違いが生じるのは取引方式の違いです。

ナノスプレッド口座はECN方式と言って、客から受けた注文がFX業者を介さずにインターバンク市場に流れる方式です。
トレーダーの注文がインターバンクに流れると、別の投資家や金融機関が出している注文と自動的にマッチングします。

その一方でECN口座を利用する場合は、インターバンクに注文を流すための手数料がかかります。
そのため、スプレッドとは別に手数料がかかるのです。

AXIORYに限らず、海外FX業者はスプレッドを利益源にしています。
ECN口座だとスプレッドだけでは十分に利益を確保することができないため、本来かかる取引手数料に利益分を加えて提供しています。

同じECN口座でも海外FX業者によって取引手数料が変わるのは、業者によって取引手数料に加える利益分が異なるためです。

スタンダード口座のスプレッド

スタンダード口座のスプレッドはECN口座に比べると広めになっています。
これはナノ口座がECN方式を採用しているのに対し、スタンダード口座はSTP方式を採用しているためです。

STP方式とは、トレーダーとインターバンクの仲介に海外FX業者が入るスタイルになります。
トレーダーが出した注文をブローカーが決済し、そのあとブローカーがインターバンクに注文を流します。
トレーダーが出したタイミングの注文とブローカーがインターバンクに注文を出すタイミングにズレが生じるため、約定拒否やリクオートなどが発生することもあります。

スプレッドに手数料が加味されているため、ECN口座のように取引手数料の計算をいちいちしなくてもいいメリットがあります。

AXIORYのナノスプレッド口座FX通貨ペア平均スプレッド一覧

ここではAXIORYのナノスプレッド口座のFX通貨ペア一覧を紹介します。
なお、AXIORYのナノスプレッド口座は変動スプレッド制を導入しているため、市場の状況に応じてスプレッドが変わります。

※2021/7/15現在
※取引手数料は含めていません

通貨ペア平均
スプレッド
(pips)
USD/JPY0.3
EUR/JPY0.4
GBP/JPY0.8
AUD/JPY0.7
NZD/JPY1.0
EUR/USD0.3
AUD/CAD1.2
AUD/CHF1.1
AUD/NZD1.2
AUD/SGD8.3
AUD/USD0.6
AUD/ZAR102.6
CAD/CHF1.1
CAD/JPY0.9
CHF/HUF20.1
CHF/JPY1.6
CHF/ZAR111.8
EUR/AUD0.9
EUR/CAD1.2
EUR/CHF0.9
EUR/CZK12.0
EUR/GBP0.8
EUR/HUF7.6
EUR/MXN123.5
EUR/NOK30.5
EUR/NZD2.3
EUR/PLN13.4
EUR/RUB2608
EUR/SEK31.0
EUR/SGD8.2
EUR/TRY360.0
EUR/ZAR138.2
GBP/AUD1.5
GBP/CAD1.9
GBP/CHF1.5
GBP/NZD1.9
GBP/SGD9.8
GBP/USD0.9
GBP/ZAR127.8
NOK/SEK3.9
NZD/CAD1.5
NZD/CHF1.0
NZD/SEK19.7
NZD/SGD8.5
NZD/USD0.7
SGD/JPY5.1
TRY/JPY7.3
USD/CAD1.1
USD/CHF0.5
USD/CZK7.8
USD/HUF7.5
USD/ILS17.5
USD/MXN94.6
USD/NOK27.3
USD/PLN4.1
USD/RUB221
USD/SEK22.5
USD/SGD6.1
USD/TRY93.1
USD/ZAR82.1
ZAR/JPY5.4

AXIORYのスタンダード口座FX通貨ペア平均スプレッド一覧

ここではAXIORYのスタンダード口座のFX通貨ペア一覧を紹介します。
なお、AXIORYのスタンダード口座は変動スプレッド制を導入しているため、市場の状況に応じてスプレッドが変わります。

※2021/7/15現在

通貨ペア平均
スプレッド
(pips)
USD/JPY1.4
EUR/JPY1.6
GBPJPY2.0
AUD/JPY1.8
NZD/JPY2.1
EURUSD1.2
AUD/CAD2.5
AUD/CHF2.3
AUD/NZD2.2
AUD/SGD8.6
AUD/USD1.6
AUDZAR112.6
CAD/CHF2.4
CAD/JPY2.0
CHF/HUF18.1
CHF/JPY2.3
CHF/ZAR111.8
EUR/AUD2.3
EUR/CAD2.1
EUR/CHF2.0
EUR/CZK10.0
EUR/GBP1.8
EUR/HUF8.6
EUR/MXN107.5
EUR/NOK40.5
EUR/NZD3.3
EUR/PLN15.4
EUR/RUB578
EUR/SEK31.0
EUR/SGD9.7
EUR/TRY85.0
EUR/ZAR130.2
GBP/AUD2.5
GBP/CAD2.9
GBP/CHF2.5
GBP/NZD3.2
GBP/SGD10.8
GBP/USD1.9
GBP/ZAR110.8
NOK/SEK5.9
NZD/CAD2.4
NZD/CHF2.0
NZD/SEK25.7
NZD/SGD9.5
NZD/USD1.6
SGD/JPY7.4
TRY/JPY15.4
USD/CAD1.9
USD/CHF1.6
USD/CZK12.8
USD/HUF7.8
USD/ILS22.5
USD/MXN123.6
USD/NOK23.3
USD/PLN9.8
USD/RUB553
USD/SEK265
USD/SGD9.4
USD/TRY73.1
USD/ZAR95.1
ZAR/JPY6.4

AXIORYのスプレッドが広がりやすい時間帯とタイミング

AXIORYのスプレッドが特に広がりやすいのは、

  • 早朝
  • 窓空け
  • 重要指標発表時

のタイミングになります。

ここでは、それぞれのタイミングの状況とスプレッドの広がり幅について解説します。

早朝

AXIORYのスプレッドが早朝に広がるのは、世界三大市場と呼ばれている“東京市場”、“ニューヨーク市場”、“ロンドン市場”の3つの市場が休場している時間と重なるためです。

これらの市場がどれかオープンしている時間帯であれば、取引量も安定してレートの動きも小さく、スプレッドに変動が見られません。

しかし、すべての市場がクローズしてしまう早朝は、取引量が減ってスプレッドが広がります。

窓空け

窓空けとは、休みに入る前の金曜に比べ、休み明けの月曜日の早朝にレートが大きく動く現象です。

チャートで見ると窓が空いたように見えるため、窓空けと言われています。

窓空けが起こると、窓を閉めるような形でレートが動きます。

窓開けを狙ったトレーダーも多く、取引量が増えるためスプレッドも広がります。

重要指標発表時

重要指標発表時も、レートが大きく動いてスプレッドが広がりやすいタイミングです。

重要指標はその国の経済活動の状況を表し、経済活動が活発なら通貨を買う流れが強まり、経済活動が低下しているなら通貨を売る流れが強まります。

レートの大きな動きを狙ってトレードする人もいれば、レートの大きな動きに備えて決済する人もいるなど、重要指標発表前後は市場が混乱しやすく、スプレッドも広がります。

早朝や窓空けに比べるとスプレッドの広がり方は大きくありません。

経済指標の結果は事前にある程度の予測ができることや、取引量が大きく減るわけではないからです。

ただし、経済指標発表の内容によっては、早朝や窓開けよりもスプレッドが広がる可能性もあるので注意しましょう。

AXIORYのスプレッドが狭い理由

AXIORYのスプレッドは海外FX業者の中で比べると狭い部類に入りますが、AXIORYのスプレッドが狭い理由の一つにボーナスの少なさがあります。

時期によってはキャンペーンでボーナスを提供している場合もありますが、常時開催しているボーナスはほとんどありません。

一般的に、海外FX業者は口座開設で5,000円から2万円のボーナス、入金額20%~200%のボーナスなど、豪華なボーナスを提供しています。

AXIORYはボーナスにかかるコストを削減し、そのコストをスプレッドに回すことで狭いスプレッドを実現しているわけです。

ボーナスを重視するトレーダーには物足りなさを感じるかもしれませんが、「十分な自己資金があってボーナスに頼らず、スプレッド重視で取引したい!」という人には良いでしょう。

AXIORYののスプレッドについてよくある質問

AXIORYのスプレッドが広がりやすいのはいつですか?

早朝・経済指標発表時など流動性が低下するタイミングです。普段の10倍以上スプレッドが広くなることがあります。

AXIORYのスプレッドタイプは何ですか?

スタンダード口座・ナノ口座ともに変動スプレッドです。取引量、市場の状況などによってスプレッドが変動します。

AXIORYのスプレッドが狭い理由は何ですか?

ボーナスキャンペーンをなくしてスプレッドに力を入れているためです。

AXIORYのリアルタイムスプレッドはどこで分かりますか?

AXIORYの公式サイトで確認することができます。
AXIORYのリアルタイムスプレッド

AXIORYのメリット

ここではAXIORYを利用するメリットを紹介します。

AXIORYのメリット1: cTraderが使える

海外FXのプラットフォームと言えば、MT4やMT5をイメージする方が多いのと思います。
AXIORYではMT4以外にcTraderというプラットフォームを使って取引できるメリットがあります。

cTraderのメリットとして、

  • 動作スピードが速い
  • 板情報が見れる
  • 60のインジケーターが搭載されている
  • 約定力が高い

などがあります。

特に約定力の高さには定評があり、約定にこだわるトレーダーから高い支持を得ています。

AXIORYのメリット2: スキャルピングができる

スプレッドの狭さを活かせる取引スタイルにスキャルピングがあります。
スキャルピングは数秒から数分以内で取引を完結し、短い時間で取引を繰り返して薄利を増やしていく手法です。

海外FX業者の中にはスキャルピングを禁止している業者も多く、せっかくスプレッドが狭くてもスキャルピングが出来なければ意味がありません。

AXIORYはスキャルピングを容認していて、取引回数についても制限を設けていません。
スキャルピングメインで取引を行うこともできます。
AXIORYは狭いスプレッドでスキャルピングができることもメリットです。

AXIORYのメリット3: EAの制限がない

AXIORYはEAの制限がなく自動売買取引を行うことができます。
狭いスプレッドを活かし、スキャルピング系のEAを使って利益を増やすことも可能です。

自動売買取引はトレーダーの感情を入れず、プログラムに基づいた機械的な取引ができます。
海外FX初心者でもいいEAに巡り合うことができれば大きな利益を得られるチャンスがあります。

またAXIORYはMT4でEAの自動売買ができるだけでなく、cTraderでcBotという自動売買ツールを使って取引することもできます。
cTraderの自動売買はMT4に比べると主流ではないものの、MT4にはない可能性があるという点ではcTraderの自動売買にもメリットがあると言えるでしょう。

AXIORYのメリット4:日本語サポートがある

AXIORYはカスタマーサービスに力を入れています。
AIやボットによるチャットだけでなく、カスタマーサポートのトレーニングを受けたスタッフが対応しています。

AXIORYの日本語サポートの概要は下記の通りです。

メール(日本時間)
月曜~金曜 9:00~24:00

チャット(日本時間)
月曜~金曜 10:30~23:30

日本語のオペレーターに対応をお願いしてもらうこともできます。

AXIORYのメリット5:約定力が高い

AXIORYは約定力の高さに定評があります。

AXIORYは約定力を高めるために、サーバーをEQUINIX社のロンドン・ニューヨーク・東京のデータセンターに設置しています。
また数多くのリクイディティプロバイダーと提携することによって、約定力の安定性を高めています。

スプレッドが狭くても約定力が低いと、スリッページやリクオートが頻発して見えないコストが増大します。
AXIORYは約定力が高く見えないコストが増えることもなく、スプレッドの狭さもあって低コストで取引ができます。

AXIORYのデメリット

ここではAXIORYを利用するデメリットを紹介します。

AXIORYのデメリット1:デモ口座の資金が100万円に固定

AXIORYにはデモ口座があります。
デモ口座を利用することで、AXIORYで実際に採用しているプラットフォームを使って実際と同じ環境で取引の練習ができます。

デモ口座は多くの海外FX業者で提供していますが、だいたい10万円ほどの資金でデモトレードできます。
しかし、AXIORYのデモ口座は初期残高が100万円に設定されていて、残高を自由に設定することはできません。

取引に使える資金によって取引スタイルは変わってきますが、最初から100万円を用意して海外FXを始める人は少ないです。

1万円~10万円くらいから海外FXを始める人が多いですが、そのような少額トレーダーにとって100万円で固定されているデモ口座は使いにくさを感じるかもしれません。

AXIORYのデメリット2:ボーナスがない

AXIORYはスプレッドの狭さにこだわるため、ボーナスキャンペーンを一切用意していません。

ちなみに、他の海外FX業者では以下のようなボーナスキャンペーンをしています。

海外FX会社ボーナスキャンペーン
・1万円~2万円の口座開設キャンペーン
・1,000%入金ボーナスジャックポット
・友達紹介ボーナス
・損失補填ボーナス
海外FXスプレッド比較プロ:XMXM
・3000円~5,000円の口座開設キャンペーン
・100%入金ボーナス
・XMPポイントボーナス
海外FX:FXGTFXGT
・5,000円の口座開設キャンペーン
・100%入金ボーナス
海外FXスプレッド比較プロ:FBSFBS
・1万円の口座開設キャンペーン
・100%入金ボーナス
海外FX:iForexiForex
・100%入金ボーナス

海外FX業者によってボーナス内容は変わりますが、多くの業者で取引に使える証拠金を大きく増やせるボーナスがあります。
初期資金をあまり多く用意できない初心者にとっては、特にボーナスがないのは痛手と言えるでしょう。

AXIORYのデメリット3: 初回入金額が高い

AXIORYは、スタンダード口座・ナノ口座ともに初回入金額が2万円になっています。

ちなみに、他の海外FX業者の初回入金額は次の通りです。

海外FX会社初回入金額
100円
海外FXスプレッド比較プロ:XMXM
500円
海外FX:HotFprexHotFprex
500円
海外FX:iForexiForex
1万円
海外FXスプレッド比較プロ:TraderstrustTraderstrust
5,000円

100円~500円の資金で取引を始められる海外FX業者があることを考えると、AXIORYの2万円の資金は高く感じてしまいます。
AXIORYは、少額から取引を始めたいトレーダーには不向きかもしれません。

AXIORYのデメリット4: 最大レバレッジが低い

AXIORYの最大レバレッジは400倍です。

ちなみに、他の海外FX業者の最大レバレッジは以下の通りです。

海外FX会社最大レバレッジ
1,000倍
海外FXスプレッド比較プロ:MiltonMarketMiltonMarket
1,000倍
海外FXスプレッド比較プロ:XMXM
888倍
海外FX:BigBossBigBoss
555倍

海外FX:TITANTITAN
500倍

1,000倍前後のレバレッジが使える業者が多いことを考えると、最大レバレッジ400倍は物足りないと感じるトレーダーもいるでしょう。
レバレッジには必要証拠金を下げる働きもあるので、使えるレバレッジは大きいほど証拠金も少なく済みます。

大きなレバレッジ×狭いスプレッドでスキャルピングしたいトレーダーにとっても物足りなさを感じるかもしれません。

AXIORYのデメリット5: スプレッドの狭さが一番ではない

AXIORYはボーナスがない代わりにスプレッドが狭くなっていますが、業界で一番スプレッドが狭いわけではありません。

以下、業界でスプレッドが狭いと言われているTitanFXやGEMFOREXのスタンダードタイプの口座のスプレッドを比較した表です。
まずは表をご覧ください。

海外FX会社
口座名
単位:pips
海外FX:AXIORYAXIORY
スタンダード口座
海外FX:TITANTITAN
スタンダード口座

オールインワン口座
平均1.681.641.62
USDJPY1.51.21.3
EURJPY

1.41.71.4
GBPJPY2.32.21.9
EURUSD1.31.31.3
EURGBP1.61.51.5
AUDUSD1.71.61.5
GBPUSD1.61.51.7
USDCHF1.61.81.9
CADJPY2.22.02.1

通貨ペアによっては、TitanFXやGEMFOREXのスプレッドの方が狭くなっています。
また平均で見ても、TitanFXやGEMFOREXの方が狭くなっているのが分かります。

スプレッドが狭いのは確かですが、AXIORYよりスプレッドが狭い海外FX業者もあります。

まとめ:AXIORYのスプレッドについて

AXIORYは噂通りスプレッドが狭い海外FX業者です。
約定力も高いので、狭いスプレッド×高い約定力で取引コストを抑えながらトレードできます。

その一方で、レバレッジが低い・ボーナスがない・初回入金額が高いなどのデメリットもあります。

ちなみに

これらの点を踏まえると、AXIORYよりも狭いスプレッドで取引ができて、なおかつ1,000倍レバレッジや100円で取引を始められるGEMFOREXを利用するメリットの方が大きいと言えます。

またGEMFOREXには豪華なボーナスがあるので、取引に用意できる資金が少なくてもボーナスで元手を増やして取引できます。

GEMFOREXの口座開設はこちら

スプレッドが極狭のGEMFOREXがおすすめ

スプレッドが極狭のGEMFOREXがおすすめ
最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1,000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★
アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGEMFOREX。
今なら口座開設でボーナスプレゼントキャンペーン中なので入金しなくてもトレードができます。また、ゼロカットシステムで初心者にも安心して利用できます。最大レバレッジ1000倍
・追証なしのゼロカットシステム・日本語サポートが充実・金融ライセンス所有・入金方法も豊富・初回最低入金額100円・自動売買ソフトを200種類以上・VPSも条件付きで無料提供しているのでおすすめです!クイック口座開設できますのでこの機会にぜひGEMFOREXでお試しトレードしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です