スプレッドの変動によるストップ狩りと変動する5つの理由

スプレッドの変動によるストップ狩りに注意!スプレッドが変動する5つの理由

海外FX業者を選ぶにあたり、スプレッドを重視する人は多いです。

スプレッドは取引ごとにかかってくるため、取引回数が多いスキャルピングやデイトレードだと、余計にスプレッドが気になります。

スプレッドを業者選びの指標にしている人もいますが、スプレッドは変動する点にも注意しなければなりません

「低スプレッドの業者を選んだにも関わらず、肝心なときにスプレッドが広がって取引ができない!」

なんてこともあります。

低スプレッドという言葉に惑わされないよう、スプレッドが変動する理由やリスクについて正しく知りましょう。

【変動・原則固定・完全固定】スプレッドには3種類ある

スプレッドは海外FX業者によって異なります。

単純に、「スプレッドの狭い業者が良い!」とはいえません

海外FXのスプレッドには、

  • 変動スプレッド
  • 原則固定スプレッド
  • 完全固定スプレッド

の3パターンがあるので、利用する海外FX業者が導入するスプレッドタイプで比較する必要があります。

3つのスプレッドタイプは性質が異なるため、「完全固定スプレッドと原則固定スプレッドの比較」、「原則固定スプレッドと変動スプレッドの比較」など、タイプの異なるスプレッドで比較しても意味がありません。

変動スプレッドとは

変動スプレッドは、相場の状況に合わせてスプレッドが刻々と変動します。

スプレッドが固定されるケースに比べ、スプレッドの幅は狭くなっているケースが多いです。

口座タイプや通貨ペアによっては、スプレッドが0pipsになる場合もあります。

ただし、相場が動くとスプレッドが固定されているケースに比べて、スプレッドの幅は広がりやすいのが特徴です。

  • レンジ相場が得意な人
  • 相場の動きが安定しているタイミングを狙ってトレードする人

原則固定スプレッドとは

海外FX会社の多くが導入しているスプレッドタイプが、原則固定スプレッド。

基本的にスプレッドは固定されているのが特徴です。

ただし、重要経済指標や夜間など、相場が活発になるタイミングはスプレッドが広がる場合があります。

変動スプレッドに比べると、スプレッドの変動は少ないものの、相場の動きが緩いタイミングではスプレッドが広くなります。

FX会社によっては、スプレッドの固定時間を「○○時~○○時」と指定しているケースもあります。

原則固定スプレッドが向いてる人

  • 相場の動きが小さいタイミングで取引する人
  • スプレッドがコロコロ変わるのが嫌という人

完全固定スプレッドとは

完全固定スプレッドは、どんな状況でもスプレッドが変動しません。

FXの元になっているインターバンクは変動スプレッドなので、FX会社も基本的にスプレッドが変動します。

しかし、スプレッドを固定化するトレーダーの声が多いのも実情で、そうした声に応える形で完全固定スプレッドが生れました。

完全固定スプレッドのメリットは、相場が急に変動してもスプレッドが変わらない点です。

一方、相場の動きが緩いタイミングだと、変動スプレッドや原則固定スプレッドに比べてスプレッドは広がります。

これは、相場の動きが小さなタイミングでスプレッドを回収することにより、相場の動きが大きくなり、スプレッドを固定したときの損失のカバーができるからです。

完全固定スプレッドが向いてる人

  • 相場の動きが活発なタイミングを狙って取引する人

スプレッドが変動する理由

それでは、スプレッドが変動する理由について詳しく見ていきましょう。

経済指標発表前後

経済指標発表前後は、スプレッドが変動しやすいタイミングとして知られ、事前にスプレッドの広がりを注意喚起するFX会社も多くあります。

経済指標発表前後にスプレッドが変動するのは、取引が活発になるためです。

レートの動きが大きいと、「トレーダーの注文価格」と「トレーダーの注文を受けて海外FXがインターバンクに流す注文価格」に差が生じやすくなります。

海外FXはタイムラグによる損失を呑む必要があるため、スプレッドを広げて損失を減らすわけです。

経済指標発表は事前に把握できますのでスプレッドの広がりを避けたいのであれば、経済指標発表前後の取引は控えましょう。

カバー先が少ない

FXで取引される通貨の買値と売値は、FX業者が取引しているカバー先が提示する為替レートを参考にしています。

カバー先はFX会社が取引している金融機関ですが、カバー先が多ければ多いほど、為替レートの選択肢が増えるため、ベストな為替レートを選びスプレッドを抑えることができるのです。

一方、カバー先が少ないと選択肢が少なくなるため、相対的にスプレッドが広くなります。

カバー先の金融機関の多さは、各海外FX会社によって異なります。

スプレッドが他の海外FX会社より広がりやすいのであれば、カバー先が少ないと考えられます。

テロや自然災害の発生

戦争・テロ・自然災害などが発生すると、世界経済は一気に不安定化します。

投資家たちの注文も「買い」か「売り」に集中し、レートの動きも大きくなるため、スプレッドも変動しやすくなります。

事前に分かる経済指標発表と違って、テロや自然災害は予測できません。

その分、トレーダーの心理も混乱しやすく相場も荒れやすい特徴があります。

テロや自然災害などの不測の事態が起きたときは、取引しないことをおすすめします。

早朝の時間帯

早朝6時から7時頃にかけては、1日の中でもっともスプレッドが変動しやすい時間帯です。

早朝のスプレッドが広がるのは、流動性の少なさが大きく影響しています。

早朝の時間帯は、世界三大市場の「ニューヨーク市場」、「ロンドン市場」、「東京市場」がクローズしている時間帯です。そのため、

  1. 他の時間帯に比べてトレーダーが少ない
  2. 流動性が少なくなる
  3. 1人の投資が市場に与える影響が大きくなる
  4. レートの動きが大きくなる→スプレッドが広がる

という流れになり、スプレッドが変動しやすくなります。

スプレッドの急拡大はストップ狩りに注意

逆指値注文を入れている状態で、スプレッドが急拡大すると、スプレッドの損失が逆指値に引っかかってしまい取引が終了する場合があります。

スプレッドの急拡大は起こり得ることですが、スプレッドが変動する仕組みを利用し、損切りを誘発させるような悪質なFX会社もあります。

このような行動を「ストップ狩り」といいます。

スプレッドが広がっているタイミングは、ストップ狩りに遭わないためにも取引は控える方が良いでしょう。

スプレッドの変動に備えよう

スプレッドの変動に備えるためには、これらのタイミングで取引をしないことです。

一方、テロや自然災害など、スプレッドの変動が予期できないケースもあります。

「気付いたらレートが荒れていた」と言う状態になり、場合によっては大きな損失が生じます。

予期せぬレート変動に備えるためには、逆指値注文を入れて損切りできる状態を作っておきましょう

そうなると、約定率の高さも重要になってきます。

スリッページが起こり、指定したレートで逆指値決済ができないと意味がありません。

中には、海外FX会社GEMFOREXのように、約定率が99%を超えているFX会社もあります。

スプレッドの変動に備えるためにも、約定率が高い海外FX会社を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です