HotForexのスプレッド徹底比較!通貨ペア・口座別に解説

【HotForexのスプレッド比較】口座別・通貨ペア・他業者とスプレッドを徹底比較

HOTFOREXは、2017年10月に日本人向けにサービスを開始した新興の海外FX業者。

XMを意識しており、ボーナスやスプレッドなどはXMより少し上のサービスを提供しています。

日本での知名度は高くありませんが、27言語以上の多言語サポートやライブ口座数50万件超えなど、世界的に見ると知名度・人気共に高い業者です。

HOTFOREXのスプレッドは業界最高水準の狭さと言われていますが、実際のところはどうでしょうか?

HOTFOREXの口座の種類とスプレッドの特徴

HOTFOREXには、全部で4つの一般口座が用意されています。

口座ごとに平均スプレッドは異なり、ECN口座になると取引手数料も必要です。

以下の表では、4つの口座タイプのスペックをまとめています。

口座タイププレミアム口座マイクロ口座ゼロ口座オート口座
取引方式STP方式STP方式ECN方式STP方式
最小取引量1000通貨
最大取引量600万通貨70万通貨600万通貨600万通貨
平均スプレッドドル円1.7pipsドル円1.7pipsドル円0.2pipsドル円1.7pips
取引手数料なしなし0.6pipsなし
最低入金額1万円500円2万円1万円
最大レバレッジ500倍1000倍500倍500倍
通貨種類53種類53種類52種類53種類
ボーナスありありなしなし
ゼロカットあり
ロスカット水準20%以下10%以下20%以下20%以下
CFD取扱い101種類

以前は表で紹介した4つの口座タイプ以外に、完全固定の「FIX口座」や「VIP口座」もありましたが、これらの口座は新規口座受付が停止しているため、新しく口座を作ることはできません。

それでは、4つの口座タイプを詳しく見ていきましょう。

プレミアム口座のスプレッドや取引条件の特徴

以下の表はプレミアム口座における主要通貨ペアの平均スプレッドです。

通貨ペア平均スプレッド(pips)
USD/JPY1.7
EUR/JPY1.7
GBP/JPY3.0
AUD/JPY2.3
EUR/USD1.2
AUD /USD1.5

ユーロ/ドルの平均スプレッドが1.2pipsと一番狭くなっています。

STP口座で平均スプレッドが1.2pipsであれば、業界内でも狭い部類に入りますが、“最高水準の狭さ”とまでは言えません。

ただし、XMを意識している業者とあって、XMよりは少し狭い設定をしています。

プレミアム口座は、HOTFOREXが提供する口座タイプの中で一番人気です。

プレミアムという名称があるものの、口座のスペックは標準的となっています。

使えるレバレッジは最大500倍で、海外FX業者の中では平均的です。

マイクロ口座のスプレッドや取引条件の特徴

以下の表はマイクロ口座における主要通貨ペアの平均スプレッドです。

通貨ペア平均スプレッド(pips)
USD/JPY1.7
EUR/JPY1.7
GBP/JPY3.0
AUD/JPY2.3
EUR/USD1.2
AUD /USD1.5

プレミアム口座と同じプラットフォームを使っているため、マイクロ口座とプレミアム口座の平均スプレッドは同じです。

プレミアム口座との大きな違いは、

  • 最低入金額が500円と低い
  • 1000倍レバレッジが使える
  • 最大取引量が70万通貨と少ない

などです。

最低入金額が少なく、使えるレバレッジが大きいため、少ない資金で取引を始める初心者におすすめです。

ゼロ口座のスプレッドや取引条件の特徴

以下の表はZERO口座における主要通貨ペアの平均スプレッドです。

通貨ペア平均スプレッド(pips)平均スプレッド(取引手数料を加味)
USD/JPY0.20.8
EUR/JPY0.81.4
GBP/JPY1.42.0
AUD/JPY1.01.8
EUR/USD0.10.7
AUD /USD0.81.4

ZERO口座は、ボーナスが一切ないかわりに、スプレッドが狭いECN口座タイプです。

取引手数料が発生しますが、取引手数料をスプレッドに含めて計算しても、他の口座タイプより安上がりです。

特に、ユーロ/ドルやドル/円のペアでは取引手数料を含めたスプレッドが1.0pipsを下回る狭さで、業界内でもトップクラスを実現しています。

ただし、ボーナスの受け取りができないことや、初回入金額が他の口座タイプに比べて高めに設定されているデメリットもあります。

HOTFOREXはスプレッドが広がりにくい業者

HOTFOREXはスプレッドの狭さが魅力ですが、スプレッドが広がりにくい業者としても人気があります。

HOTFOREXも他の海外FX業者と同様に原則固定のスプレッド制度を導入しているため、時間帯や経済指標前後には広がりますが、他の業者に比べると広がり幅は小さいのが特徴です。

早朝のスプレッド

以下の表は、HOTFOREXの平均スプレッドと早朝の平均スプレッドの差です。

通貨ペア平均スプレッド(pips)早朝の平均スプレッド(pips)
USD/JPY1.77.7
EUR/JPY1.78.0
GBP/JPY3.08.0
EUR/USD1.24.5

ユーロ/円やポンド/円のスプレッドが8pipsまで広がっていますが、早朝としてはかなりスプレッドの広がり幅は小さいです。

例えば、低スプレッド業者として有名なTITANFXでは、ポンド/円における早朝の平均スプレッドは30pipsです。

安定しているため、値動きが大きな早朝を狙ったトレードにも向いています。

窓空けのスプレッド

金曜日の終値と月曜日の始値のレートに差が生じ、チャートで見ると窓が空いたように見える現象を窓空けと言います。

以下の表は、HOTFOREXの平均スプレッドと窓空けの平均スプレッドの差です

通貨ペア平均スプレッド(pips)早朝の平均スプレッド(pips)
USD/JPY1.75.3
EUR/JPY1.78.0
GBP/JPY3.08.0
EUR/USD1.24.5

早朝とほとんど変わらず、広がり幅はかなり小さいです。

例えば、低スプレッド業者として人気があるTradeviewは、ユーロ/円の通貨ペアにおける窓空けの平均スプレッドが18.5pipsです。

HOTFOREXであれば、窓空けも比較的狭いスプレッドで取引ができます。

経済指標発表のスプレッド

以下の表は、HOTFOREXの平均スプレッドと経済指標発表の平均スプレッドの差です

通貨ペア平均スプレッド(pips)早朝の平均スプレッド(pips)
USD/JPY1.72.3
EUR/JPY1.74.4
GBP/JPY3.07.9
EUR/USD1.21.9

ポンド/円の通貨ペアで8pips近くまで広がっていますが、それ以外の通貨ペアに関しては0.5pips~2.5pips程度と、他の海外FX業者に比べてスプレッドの広がりはかなり抑えられています。

例えば、低スプレッド業者として人気があるLand-FXは、ユーロ/円の通貨ペアにおける経済指標発表時の平均スプレッドは14.0pipsです。

HOTFOREXであれば、経済指標発表時も比較的狭いスプレッドで取引ができます。

HOTFOREXのスプレッドや特徴のまとめ

HOTFOREXは、海外FX業者XMを意識したサービスを提供しているだけあって、取引条件や環境はかなり優れています。

特に1000倍レバレッジ、豪華なボーナス、低スプレッドは魅力的です。

一方、日本語サポートが不十分なことや、円建て口座に対応してない、入出金方法の選択肢が少ない、ボーナスの仕組みが複雑などのデメリットもあります。

初心者には少々使いにくいかもしれません。

同じような条件で、よりよい取引ができる海外FX業者ならGEMFOREXをおすすめします。

海外FX初心者から上級者まで幅広く愛され、信頼性も高く安心して取引できる海外FX業者です。

スプレッドが最挟のGEMFOREXがおすすめ

スプレッドが極狭のGEMFOREXがおすすめ
最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1,000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間

総合評価|★★★★★

アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGEMFOREX
今なら口座開設でボーナスプレゼントキャンペーン中なので入金しなくてもトレードができます。また、ゼロカットシステムで初心者にも安心して利用できます。最大レバレッジ1,000倍
・追証なしのゼロカットシステム・日本語サポートが充実・金融ライセンス所有・入金方法も豊富・初回最低入金額100円・自動売買ソフトを200種類以上・VPSも条件付きで無料提供しているのでおすすめです!クイック口座開設できますのでこの機会にぜひGEMFOREXでお試しトレードしましょう。

\約3分で登録完了/

海外FXのスプレッド比較、おすすめ業者ランキング

海外FXスプレッド比較ランキング

海外FX業者のスプレッドに注目して比較・ランキングしました。

FXトレード初心者さんにも安心の業者ばかりです。

会社選びに迷ったら、参考にしてください。

海外FXのスプレッドを比較。おすすめランキングTOP10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です