IS6FXのスプレッドを徹底比較!全通貨ペア・口座タイプ別にスプレッド一覧

【is6comのスプレッド比較】口座別・通貨ペア・他業者とスプレッドを徹底比較

IS6FXは2020年にis6comが買収されて新しく生まれ変わった海外FX業者です。

新サービスを提供してから間もない業者ですが、is6com時代のノウハウはしっかり引き継がれています。

Is6comはスプレッドが狭い業者でしたが、IS6FXは最狭スプレッドを推しておらず、バランスを兼ねそろえた海外FX業者を目指して運営しています。

スプレッド重視の業者ではないIS6FXですが、実際に取引をするならスプレッドの狭さも気になりますね。

この記事では、IS6FXのスプレッドの特徴について徹底解説していきます。

IS6FXの口座スペックとスプレッドの特徴

IS6FXの口座タイプには、マイクロ口座・スタンダード口座・プロ口座・レバレッジ6000倍口座の4タイプがあります。

まずは4タイプの口座の特徴について比較してみましょう。

 マイクロ口座スタンダード口座プロ口座レバレッジ6000倍口座
レバレッジ1000倍1000倍400倍6000倍
最小取引金額100円100円10万円100円
最小取引量50通貨1000通貨1000通貨10万通貨
最大取引量10万通貨300万通貨300万通貨300万通貨
スプレッド2.0pips~1.6pips~0.8pips~1.4pips~
取引手数料無料無料無料無料
自動売買EA可EA可能不可不可

このうち、プロ口座については新規口座開設ができないため、これから口座を作って取引する場合はマイクロ口座、スタンダード口座、レバレッジ6000倍口座になります。

6000倍口座に関しては口座限定数となっているので注意が必要です。

その他、口座による違いは最小取引量、最大取引量、スプレッドなどがあります。

少ない資金で取引するならマイクロ口座、資金に余裕があるならスプレッドが狭いスタンダード口座がおすすめです。

それでは、各口座のスプレッドについて詳しく見ていきましょう。

マイクロ口座のスプレッド

ここでは、マイクロ口座における平均スプレッドをまとめています。

通貨ペアスプレッド(pips)
USD/JPY2.0
EUR/JPY2.9
EUR/USD1.9
GBP/JPY3.9
AUD/JPY3.7
EUR/GBP2.5
AUD/USD2.5
CAD/JPY3.8
NZD/JPY3.9
USD/TRY20.4

ユーロ/ドルのスプレッドはギリギリ2.0pipsを下回っていますが、それ以外は主要通貨ペアのスプレッドについても2.0pipsを上回る広さになっています。

マイクロ口座のスプレッドはかなり広いと言えるでしょう。

スタンダード口座のスプレッド

ここでは、スタンダード口座における平均スプレッドをまとめています。

通貨ペアスプレッド(pips)
USD/JPY1.6
EUR/JPY2.3
EUR/USD1.5
GBP/JPY3.1
AUD/JPY2.9
EUR/GBP2.0
AUD/USD2.0
CAD/JPY3.0
NZD/JPY3.1
USD/TRY18.9

マイクロ口座に比べるとスプレッドは全体的に狭くなっています。

ドル/円やユーロ/ドルなどの基軸通貨においては1.5pips~1.6pipsと決して狭いわけではないものの、平均的なスプレッドで提供しています。

プロ口座のスプレッド

ここでは、プロ口座における平均スプレッドをまとめています。

は、プロ口座における平均スプレッドをまとめています。

通貨ペアスプレッド(pips)
USD/JPY0.8
EUR/JPY1.1
EUR/USD0.7
GBP/JPY1.5
AUD/JPY1.4
EUR/GBP1.1
AUD/USD1.0
CAD/JPY1.4
NZD/JPY1.5
USD/TRY15.9

プロ口座はスプレッドが狭いis6com時代の口座をそのまま引き継いでいることもあって、他の口座タイプに比べるとスプレッドはかなり狭いです。

新規口座開設ができないのがデメリットですが、is6com時代からプロ口座を使っている場合は引き継いで使うのもよいでしょう。

レバレッジ6000倍口座のスプレッド

ここでは、レバレッジ6000倍口座における平均スプレッドをまとめています。

通貨ペアスプレッド(pips)
USD/JPY1.4
EUR/JPY2.1
EUR/USD1.3
GBP/JPY2.9
AUD/JPY2.7
EUR/GBP1.8
AUD/USD1.8
CAD/JPY2.8
NZD/JPY2.9
USD/TRY18.9

ドル/円やユーロ/ドルは1.5pipsを下回るスプレッドの狭さで、ユーロ/ポンドやオーストラリアドル/ドルなどのクロス通貨ペアも2.0pipsを下回っています。

マイクロ口座、スタンダード口座に次ぐスプレッドの狭さとなっていますが、口座限定数になっているため規定数に達してしまうと新規口座開設ができない点に注意が必要です。

IS6FXのスプレッドは変動制

IS6FXのスプレッドのタイプは変動スプレッドになります。

変動スプレッドは、市場の状況に合わせて常にスプレッドが変化するのが特徴です。

これまでに紹介してきたIS6FXの各口座のスプレッドは平均スプレッドになるので、実際はスプレッドがもっと広いケースもあれば狭いケースもあります。

ここでは、IS6FXの変動スプレッドの解説とスプレッドが広がりやすいタイミングについて解説します。

変動スプレッドの特徴

変動スプレッドを採用している海外FX業者の多くは、インターバンクの価格やスプレッドをもとにしています。

流動性が小さくなってインターバンクの値動きが大きくなるとスプレッドは広がり、流動性が大きくなってインターバンクの値動きが小さくなるとスプレッドは狭くなります。

変動スプレッドのメリットはインターバンクを参考にしているため、表示される価格の透明性が高いことです。

透明性が高いことで、意図的にスプレッドを拡大することもできません。

変動スプレッドは、流動性が大きなタイミングなら固定スプレッドに比べてかなり狭いスプレッドで取引ができるメリットがあります。

ただし、流動性の低下や市場が混乱しているタイミングにおいては固定スプレッドに比べてかなり広いスプレッドになります。

重要な経済指標発表前後にスプレッドが広がる

IS6FXのスプレッドは重要な経済指標発表前後に広がりやすい特徴があります。

これは経済指標の発表前になると取引の流動性が低下し、経済指標発表後は注文の急激な増加によって価格が一方向に変化して一時的に取引の相手が見つからないのが理由です。

インターバンクでスプレッドが広がると、FX業者がカバーしている金融機関のスプレッドも広がりますが、それによって動いたレート分をFX業者が回収するために、スプレッドを広げる必要が出てきます。

経済指標前後はレートも飛びやすくなるため、必要証拠金ギリギリで取引をしているとスプレッドの拡大とレートが飛んでロスカットする可能性が高まります。

流動性の低い時間帯にスプレッドが広がる

1日の中で朝はスプレッドが広がりやすく、夜はスプレッドが広がりにくいと言われています。

朝にスプレッドが広がるのは、世界三大市場と呼ばれる東京市場・ニューヨーク市場・ロンドン市場がすべてクローズして流動性が低下するためです。

反対に夜のスプレッドが広がりにくいのは、ニューヨーク市場やロンドン市場がオープンして流動性が大きいためです。

同じような理由でクリスマスや年末年始などのイベント時は市場参加者が少なくなるため、流動性が低下してスプレッドが広がりやすくなっています。

また、マイナー通貨やエキゾチック通貨のスプレッドが広いのも取引量が少なく流動性が低いためです。

IS6FXと主要海外FX業者の主要通貨のスプレッドを比較

IS6FXのスプレッドは、他の海外FX業者と比較してどんな違いがあるでしょうか?

ここではIS6FXのスプレッドと主要海外FX業者のスプレッドを比較しています。

なお、IS6FXのゼロ口座やレバレッジ6000倍口座はスプレッドが狭いものの、新規口座開設ができないことや口座数が限られているため、スタンダード口座のスプレッドで比較しています。

 IS6FXGEMFOREXXMFXGTTitanFX
USD/JPY1.6pips1.2pips1.6pips1.4pips1.2pips
EUR/USD1.5pips1.2pips1.8pips1.4pips1.2pips
EUR/JPY2.3pips1.4pips2.5pips1.6pips1.3pips
GBP/USD2.4pips2.1pips2.2pips2.2pips1.6pips
GBP/JPY3.1pips1.9pips3.6pips3.5pips2.4pips
AUD/USD2.0pips1.6pips2.0pips1.8pips1.5pips

IS6FXのスプレッドは他の海外FX業者に比べて狭いとは言えませんが、特別広いわけでもなく平均的なスプレッドと言えます。

IS6FXと主要国内FX業者の主要通貨のスプレッドを比較

スプレッドが狭いと言われている国内FX業者のスプレッドとIS6FXのスプレッドにはどれくらいの差があるでしょうか?

以下の表では、IS6FXのスタンダード口座と主要国内FX業者のスプレッドを比較しています。

 IS6FXFXTFFOREX.com楽天OANDA
USD/JPY1.6pips0.3pips1.5pips0.5pips0.4pips
EUR/USD1.5pips0.5pips1.7pips0.6pips0.5pips
EUR/JPY2.3pips0.6pips1.7pips1.1pips0.7pips
GBP/USD2.4pips1.1pips2.4pips1.2pips1.1pips
GBP/JPY3.1pips0.9pips2.5pips2.0pips1.4pips
AUD/USD2.0pips1.9pips1.6pips1.2pips1.1pips

IS6FXと他の主要国内FX業者を比較すると、IS6FXのスプレッドは圧倒的な広さです。

スプレッドだけで見るなら国内FX業者に利がありますが、そもそも国内FX業者のスプレッドはなぜ狭いのでしょうか。

IS6FXと国内FX業者のスプレッドの違いを解説します。

IS6FXのスプレッドが国内FX業者に比べて広い理由

IS6FXはインターバンク市場の価格を参考にしてスプレッドが決まるとお伝えしましたが、国内FX業者はインターバンク市場につながず、顧客が負けたらFX業者の利益、顧客が勝ったらFX業者の損失になる相対取引を導入しています。

IS6FXの収入源はスプレッドが中心ですが、国内FX業者はスプレッドに加えて顧客の損失も利益になるため、より狭いスプレッドで提供ができます。

その代わり、顧客を負かすためにレート操作や意図的なスリッページが起こりやすく、スプレッド以外の余分な損失が増えるデメリットがあります。

少々スプレッドが広くても、高い透明性で取引ができるIS6FXを利用する方が安心です。

「スプレッドが狭い=取引条件が優れている」と言えないのは、導入している取引方式が異なっている場合があるのも理由としてあります。

IS6FXのスプレッドは広くてもトータルコストは低い

IS6FXのスプレッドは狭いとは言えませんが、トータルコストで見ると他の海外FX業者に負けていません。

トータルコストとは、スプレッドにスリッページによる損失やボーナス・IBなどを加えた実際にかかる取引コストになります。

ここでは、IS6FXのトータルコストについて解説します。

約定力が高く見えないコストが少ない

スプレッドが狭くても約定力が低くスリッページが頻繁に起こると意味がありません。

IS6FXは約定力に力を入れている業者で、特に「使いやすさ」、「ストレスのないスピード感」、「誠実で丁寧な対応」の3つに力を入れています。

リクオートや約定拒否はなく、さらにすべての注文は1秒以内に決済されます。

IS6FXの高い約定力にはスプレッドを十分にカバーするだけの能力があります。

さらに、トレードの気付かないところで手数料を回収する隠れマークアップについても、一切行わないと公式で宣言しています。

スプレッド以外の見えないコストがほとんどかからないのはIS6FXの魅力の1つです。

ボーナスでスプレッドの広さをカバーできる

IS6FXには100%入金ボーナスや最大で6万円がもらえる口座開設ボーナスなどがあります。

ボーナスは元手を増やすために使用するものですが、スプレッドの広さをカバーするために使用することも可能です。

(例)

10万円を入金して、6万円の口座開設ボーナスと10万円の入金ボーナスを受け取ったとします。

仮に取引の条件が1ドル100円・1万通貨・スプレッドが2.0pipsだった場合、1回あたりの取引にかかるコストは約200円です。

ボーナスをすべてスプレッドの補填に使うなら、「16万円÷200円=800回分」のスプレッドが無料になります。

ボーナスの豪華さは業界トップクラスであり、ボーナスに力を入れている分、スプレッドが少し広めになっています。

IB報酬でスプレッドの広さをカバーできる

IB報酬とは、自分のブログやサイト、SNSなどでIS6FXを紹介して、それを見た人がIS6FXで口座開設をして取引をすると紹介者に報酬が入ってくるプログラムです。

IB報酬の特徴は紹介した人が取引をする度に報酬が入ってくることで、取引を続ける限り継続的に報酬が得られます。

10万通貨取引あたりでもらえる報酬は0.3~1.0pipsとかなり大きいです。

もらった報酬を直接スプレッドに補填することはできないものの、IBの報酬をIS6FXの口座に入金してスプレッドの負担を減らすことには使えます。

トレーダーでもIBパートナーに登録ができるので、サイトやブログ、SNSなどの媒体を持っているなら検討してみるのもよいでしょう。

IS6FXのスプレッドに適した取引方法

IS6FXのスプレッドを活かした取引方法としては、ユーロ/ドルやドル/円などの通貨ペアで流動性が大きい夕方~夜を狙ったスキャルピングです。

IS6FXは短い時間で何度も取引を繰り返して利益を積み上げるスキャルピングを認めています。

スキャルピングは取引回数が多くなるのでスプレッドの狭さが重要ですが、IS6FXは変動スプレッドを導入しているので、夕方~夜は平均スプレッドを下回る場合もあります。

流動性が低下してスプレッドが広がっている場合や、スプレッドが広い通貨で取引する場合は次の日にポジションを持ち越さないデイトレードもおすすめです。

スプレッドが狭い場合はスキャルピング、スプレッドが広がっている場合はデイトレードなど、状況に応じて使い分けるとよいでしょう。

まとめ

IS6FXのスプレッドは他の海外FX業者と比較すると平均~少し広めですが、公式にも記載されているようにスプレッドの狭さを売りにしている業者ではありません。

スプレッドがやや広い代わりに、約定力が高く豪華なボーナスがあるなどのメリットもあります。

IS6FXは変動スプレッドを導入しているので市場の状況によってはスプレッドがかなり広がるため、スキャルピングを行うときは流動性が大きく値動きが安定しているタイミングを狙いましょう。

20,000円ボーナスがもらえてスプレッドが狭いGEMFOREXがおすすめ

【海外FXおすすめ業者20社比較】人気おすすめ海外FX業者ランキングTOP8
最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
⇒ 海外FXスプレッド比較ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です