【みんなのFXのスプレッド比較】口座別・通貨ペア・他業者とスプレッドを徹底比較

【みんなのFXのスプレッド比較】口座別・通貨ペア・他業者とスプレッドを徹底比較

国内には数多くのFX業者がありますが、初心者から上級者まで幅広く使用しているのが、トレイダーズ証券会社の運営する「みんなのFX」です。

初心者でも利用しやすいよう徹底したサポートがあり、低スプレッドで取引コストが小さいのも人気の理由になっています。

さらに、みんなのFXを運営しているトレイダーズ証券会社はJASDAQにも上場している信頼性の高い会社です。

信頼性を重視するトレーダーからも厚い支持を得ています。

低スプレッドが売りのみんなのFXですが、他のFX業者に比べるとどうでしょうか?また、近年急速に口座開設者を増やしている海外FXとみんなのFXの違いについても気になるところです。

そこで今回はみんなのFXの特徴やスプレッド、海外FX業者との違いについて徹底解説していきます。

みんなのFXとは?

みんなのFXはトレイダーズ証券会社が運営しているFX会社ですが、トレイダーズ証券会社は他にも「みんなのシストレ」や「みんなのバイナリー」などのFXサービスも展開しています。

自己資本比率は400%を超えており、財務面も非常に安定しています。

2018年以降は口座開設者数を5%以上も伸ばし、業界トップクラスの伸び率です。

ベストFXブローカー賞も受賞しており、個人投資家や機関投資家に負けない投資環境を掲げています。

みんなのFXは、国内FXでは一般的なDD方式を導入しています。

取引条件は次の通りです。

項目内容
取引方式DD方式
取り扱い通貨ペア数27種類
最低取引通貨単位1000通貨
最大レバレッジ25倍
取引手数料無料
スプレッド0.2pips~

取り扱い通貨ペア数は他のFX会社に比べるとやや少ないですが、主要通貨ペアには対応しているので十分に取引できます。

みんなのFXの魅力

みんなのFXはスプレッドの狭さだけでなく、スワップポイントが業界トップクラスでオプション口座が使えるのも魅力です。

ここでは、みんなのFXの魅力について紹介します。

スワップポイントが高い

FXは、通貨ごとに金利が異なることで発生するスワップポイントがあります。

金利が低い通貨で金利が高い通貨を買えばスワップポイントはプラスになり、金利が低い通貨で金利が高い通貨を売ればスワップポイントはマイナスになります。

業者によってスワップポイントの設定は異なっていますが、みんなのFXは業界でもスワップポイントの大きさはトップクラスです。

例えば、1万通貨で取引する場合に、発生する1日あたりのスワップポイントは、

通貨ペア買い売り
ドル/円48円-48円
ユーロ/円5円-5円
ポンド/円45円-45円
トルコリラ/円58円-58円

このようになっています。

ドル/円であれば1ヶ月あたりポジションを保有すれば約1000円のスワップポイントが入ります。

スワップポイントが高いため、みんなのFXはスイングトレードやポジショントレードなど長期運用スタイルのトレードも人気を集めています。

オプション口座が使える

みんなのFXにはオプション口座が用意されており、バイナリーオプションが使用できます。

バイナリーオプションは一定時間後に為替が目標レートよりも高いか低いかを予想する投資法です。

判定時刻に予測した通りに為替が動いていれば、業者ごとに決定した金額が支払われる仕組みになっています。

バイナリーオプションのメリットは仕組みがシンプルで、初心者でも分かりやすい点です。

レバレッジや証拠金を必要ないため、バイナリーオプションで為替の動きを掴み、そこから本格的なFX取引を始めるのも良いでしょう。

ただし、

  • 判定時間をトレーダーが選択できない
  • 購入金額が戻ってこない
  • 利益が限定される

などのデメリットもあります。

みんなのFXのデメリット

国内FXは独自にプラットフォームを用意しているため、テクニカル分析で使用するテクニカル指標や取引の参考になる情報などは業者による違いが大きくなっています。

みんなのFXのデメリットとして挙げられるのが、情報量の少なさやテクニカル指標の少なさです。

それぞれのデメリットを見ていきましょう。

情報量が少ない

みんなのFXでは金融情報ベンダー「FXi24」が提供する為替ニュースを取引画面でリアルタイム配信しています。

相場動向や取引のポイントをまとめたレポートの配信もしていますが、情報量の量や質に関しては充実しているとは言えません。

国内FX業者の情報ツールを駆使して取引したいトレーダーには不向きです。

ただし、みんなのFXは為替ディーラーの講師からマンツーマンでセミナーが受けられるサービスもあるので、セミナーの中で貴重な情報を得られる場合もあります。

アプリのテクニカル指標が少ない

みんなのFXには専用のアプリがありますが、他のFXアプリと比較すると利用できるテクニカル指標は少なめです。

使えるテクニカル指標は以下の8つです。

  • 単純移動平均線
  • 指数平滑移動平均線
  • 一目均衡表
  • ポリジャーバンド
  • MACD
  • RSI
  • DMI
  • KDJ

数にすると8種類しか使うことができません。

相場をしっかり分析して取引したいトレーダーにはやや不向きです。

みんなのFXのスプレッドの特徴

みんなのFXのスプレッドは国内FX業者の中ではかなり狭いですが、ドルやユーロ、円などの基軸通貨だけでなく、オーストラリアやニュージランド、トルコリラなどの資源国通貨や新興国通貨が絡む通貨のスプレッドもかなり狭くなっています。

以下の表は、みんなのFXの主要通貨における平均スプレッドです。

実質コストに関しては、みんなのFXの最小取引単位1000通貨で計算しています。

通貨ペアスプレッド実質コスト
米ドル/円0.2pips2円
ユーロ/円0.4pips4円
ポンド/円0.8pips8円
豪ドル/円0.6pips6円
カナダドル/円1.6pips16円
トルコリラ/円1.6pips16円
南アフリカランド/円0.9pips9円

このように基軸通貨同士の通貨ペアは1pipsを下回るスプレッドの狭さで、カナダドルやトルコリラのスプレッドも1.6pipsとかなり狭くなっています。

みんなのFXのスプレッドの狭さの秘密

みんなのFXは「スプレッド業界最狭水準」を宣言している海外FX業者です。

スプレッドの狭さにこだわっている業者で、11社のカバー先から最適なレートを選ぶことでスプレッドの狭さを実現しています。

ただし、カバー先の多さだけで見るとみんなのFXよりも多い国内FX業者はたくさんあります。

カバー先の狭さがみんなのFXのスプレッドの狭さを実現しているとは言えません。

スプレッドを狭くできる環境というより、スプレッドを狭くして新規トレーダーを獲得することが目的となります。

つまり、みんなのFXのスプレッドの狭さはキャンペーンの一環です。

国内FX業者同士の競争も激化しており、FX業者としての強みを持ってないと生き残れない時代です。

スプレッドの狭さを売りにすれば、取引コストを少しでも抑えたいトレーダーが多く集まるため、少々コストの負担が大きくてもメリットがあります。

みんなのFXは原則固定スプレッド

みんなのFXで採用しているスプレッド方式は、原則固定スプレッドです。

原則固定スプレッドはスプレッドが基本的に変わりませんが、レートの動きが活発になっている場合にスプレッドが広がる場合もあります。

公式サイトでも、

  • 震災や天変地異、大企業の倒産などが発生した際
  • 重要な経済指標発表前後
  • 営業休日明けのマーケットオープン、マーケットクローズなど市場の流動性が低下しているタイミング

などはスプレッドが広がる可能性があると記載しています。

これらのタイミングはスプレッドがどれくらい広がるか予測できません。

狭いスプレッドで取引をするなら、タイミングにも注意しましょう。

みんなのFXのスプレッド以外の取引コスト

みんなのFXは取引手数料が無料となっているため、取引にかかる基本的なコストはスプレッドのみです。

しかし、実際に取引していると注文したレートとは違うレートで約定する場合があり、違うレートで約定することでトレーダーが損をする場合があります。

注文したレートと違うレートで約定する現象を“スリッページ”と言いますが、スリッページは“見えないコスト”に数えられます。

みんなのFXでどれくらいスリッページが発生するのか気になるところですが、スリッページの発生目安になるのが“約定率”です。

みんなのFXの約定率は公式で99.9%となっているので、100回の注文のうち0.1回しかスリッページが発生しないことになります。

他の国内FXに比べると約定率は高く、見えないコストも発生しにくい業者と言えるでしょう。

ただし、公式で出している約定率はあまり参考にならず、口コミを見るとスリッページで損失が発生したという声も少なくありません。

スリッページが頻発するようなら見えないコストも大きくなります。

スプレッドが広がりやすいタイミングはレートの動きも大きくなっており、スリッページが発生しやすくなっているので注意が必要です。

みんなのFXのみんなのシストレのスプレッドは広い

みんなのFXには、“みんなのシストレ”という口座が用意されています。

シストレは自動売買取引で、みんなのFXで実際に取引をしているトレーダーの取引と同じ取引を行なうことができるサービスです。

みんなのFXに参加するとすべてのトレーダーは、合計損益や収益率、取引回数などの項目で順位が付けられていますが、その中でも勝率の高いトレーダーを選んで取引できます。

つまり、シストレは勝つトレーダーの取引を真似して取引できるシステムなのです。

自動運用になるため、FXの経験が少ない初心者でもプロのトレーダーと同じ取引ができます。

みんなのFXに参加しているトレーダーであれば、無料でみんなのシストレの利用ができます。

ただし、みんなのシストレはスプレッドが広いので注意が必要です。

以下の表はみんなのFXとみんなのシストレのスプレッドの違いになります。

通貨ペア みんなのFXのスプレッド みんなのシストレのスプレッド

通貨ペアみんなのFXのスプレッドみんなのシストレのスプレッド
米ドル/円0.2pips3.0pips
ユーロ/円0.4pips4.5pips
ポンド/円0.8pips5.0pips
豪ドル/円0.6pips4.7pips
カナダドル/円1.6pips6.2pips

みんなのシストレは取引手数料無料ですが、プロのトレーダーの手法が真似できる代わりにスプレッドは広めです。

海外FX業者とみんなのFXのスプレッドを比較

海外FX業者とみんなのFXにはスプレッドにどれくらいの違いがあるでしょうか?

ちなみに、海外FXはNDD方式を採用しており、みんなのFXが採用しているDD方式とは取引の仕組みが根本的に変わります。

ここでは、海外FX業者の取引方式やスプレッドの特徴、みんなのFXとのスプレッドを比較していきます。

海外FX業者の取引方式とスプレッド

海外FX業者はNDD方式と言ってインターバンクに直接つなぐ取引方式を採用し、みんなのFXはFX業者と顧客が直接取引をするDD方式(相対取引)を採用しています。

以下の表は、NDD方式とDD方式の違いを示しています。

DD方式NDD方式
利益モデル・スプレッド

・顧客の損失

・スプレッド
スプレッド狭い広い
約定率低い高い
不利なスリッページありなし
ストップ狩りありなし
故意のレート変更ありなし

DD方式は顧客の損失が利益になる分、狭いスプレッドで提供ができます。

しかし、顧客が負ければ負けるほど儲ける仕組みになるため、故意のレート変更やストップ狩り、不利なスリッページなど顧客が不利になることも多くあります。

NDD方式は主な利益がスプレッドになるのでDD方式に比べるとスプレッドは広めですが、顧客が取引すればするほど儲ける仕組みなので、顧客が離れないように顧客サポートや顧客が取引しやすい環境を重視しています。

以上を踏まえた上で、DD方式とNDD方式のスプレッドを比較していく必要があります。

海外FX業者とみんなのFXのスプレッドを比較

NDD方式には取引手数料が無料のSTP口座と取引手数料が有料のECN口座があります。

そのため、スプレッド比較をする場合、ECN口座は取引手数料をスプレッドに加えて計算しなければなりません。

取引手数料は“往復1ロット1ドルあたり0.1pips”で計算ができるので、往復5ロットなら0.5pipsになります。

以下は主要海外FX業者とみんなのFXのスプレッドを比較した表ですが、海外FX業者のスプレッドはSTP口座のスプレッドと取引手数料とスプレッドを合算したECN口座のスプレッドを比較した際、より狭いスプレッドを記載しています。

海外FX業者名米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円
みんなのFX0.2pips0.4pips0.8pips0.6pips
Hotforex0.8pips 1.4pips 2.0pips 1.8pips
XM1.1pips1.6pips2.1pips1.8pips
Axiory1.0pips 1.3pips 2.3pips 2.1pips
Tradeview0.6pips 0.6pips 1.0pips 1.0pips
GEMFOREX0.3pips 0.5pips 1.0pips 0.6pips

全体的に見るとみんなのFXのスプレッドの方が狭くなっていますが、GEMFOREXやTradeviewなどはNDD方式であるにも関わらず、みんなのFXと同水準の低スプレッドを実現しています。

NDD方式はスプレッドが広いのが弱点ですが、DD方式に近いスプレッドで取引できる業者もあります。

海外FX業者とみんなのFXの取引条件を比較

海外FX業者とみんなのFXの違いは取引方式やスプレッドだけではありません。

取引条件も大きく異なっています。

以下の表では、海外FX業者とみんなのFXの取引条件の違いをまとめています。

項目みんなのFX海外FX業者
最低取引通貨単位1000通貨10~1000通貨
最大レバレッジ25倍~5000倍
証拠金維持率100%0~80%
追証ありなし

みんなのFXで使えるレバレッジは25倍ですが、レバレッジの規制がない海外FX業者は100倍や1000倍を超えるレバレッジで取引できる業者もあります。

最低取引通貨単位もみんなのFXでは1000通貨ですが、海外FX業者の中には10通貨や100通貨で取引できる業者もあります。

ハイレバレッジが使え、少ない取引量で取引できる海外FX業者の方が、より少ない資金で大きなトレードが可能です。

また、みんなのFXはロスカットが間に合わなかった場合、口座の残高がマイナスになってしまうと借金を抱えたことになり、追証請求を受けて借金の返済をしなければなりません。

追証請求はみんなのFXに限ったことではなく、国内FX業者はすべて追証ありとなります。

これは日本の法律によってトレーダーの損失を業者が補填することを禁止しているためですが、海外FXは追証なしのゼロカットシステムを導入し、追証請求をしない業者がほとんどです。

海外FX=危険というイメージを持つ人も多いですが、海外FXなら追証がないおかげで借金のリスクなしに取引ができます。

おすすめの海外FX業者はGEMFOREX!みんなのFXとの違いは

FXでおすすめの業者は、海外FX業者のGEMFOREXです。

GEMFOREXは、みんなのFXとそこまで変わらない狭スプレッドで取引ができるのに加えて、

  • 1000倍レバレッジ
  • 99%超えの約定率
  • 100円の資金から取引できる
  • 無料EAが使い放題で自動売買取引の環境が充実している

など、取引条件が優れています。

また、みんなのFXが提供しているみんなのシストレと同じように、GEMFOREXでもミラートレードのサービスを行っています。

みんなのシストレはスプレッドが広いですが、GEMFOREXは通常のFXと同じスプレッドで取引できるのも魅力です。

GEMFOREXは日本人が設立した海外FX業者ということもあり、日本語サポートも充実しており、公式サイトも完全日本語対応です。

初心者でも安心してFXができるように万全な体制を整えています。

口座開設にかかる時間も数分と短く、すぐに取引を始めたい人にもおすすめです。

20,000円ボーナスがもらえてスプレッドが狭いGEMFOREXがおすすめ

【海外FXおすすめ業者20社比較】人気おすすめ海外FX業者ランキングTOP8
最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
⇒ 海外FXスプレッド比較ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です