Tradeviewのスプレッドを徹底比較!全通貨ペア・口座タイプ別にスプレッド一覧

Tradeviewのスプレッドの特徴!口座別・通貨ペア・他業者とスプレッドを徹底比較

海外FX業者のTradeviewは、ケイマン諸島のライセンスを保有し誠実な運営をする老舗FX業者。

近年になって海外FXを始める日本人が増えたため、Tradeviewも日本人向けのサービスに力を入れるようになりました。

まだまだTradeviewに関する情報は少ないので、

  • スプレッドが狭いと言われているけど、本当のところはどうなの?
  • スプレッド以外の取引条件はどうなの?

など、疑問に感じることもたくさんあるはず。

スプレッド比較プロ
そこで今回は、口座別にスプレッドを比較、Tradeviewの強みや弱みについて徹底解説していきます。

Tradeviewの口座の種類とスプレッドの特徴

Tradeviewには、全部で4つの口座タイプが用意されています。

海外FX業者で広く使用されているMT4はもちろんのこと、cTraderやVikingのプラットフォームが使える口座もあります。

以下の表では、4つの口座タイプのスペックをまとめています。

口座タイプスタンダード

タイプ

ILC口座cTrader口座Viking口座
プラットフォームMT4(MT5)MT4(MT5)cTraderCURRENEX
口座通貨JPY、USD、EUR、AUD、CAD、GBP、MXN
注文方式STP方式ECN方式ECN方式STP方式
最大レバレッジ500倍200倍400倍400倍
取引通貨単位1lot(10万通貨)
最小取引単位1000通貨1万通貨1000通貨1000通貨
最低入金額1万円10万円1万円1万円
取引手数料なし0.5pips/lot0.5pips/lot0.6pips/lot
取り扱い銘柄通貨ペア:60通貨ペア CFD:50銘柄
平均スプレッドドル/円:1.9pipsドル/円:0.1pipsドル/円:0.2pipsドル/円:0.3pips

口座タイプによって取引の条件が大きく異なっています。

ILC口座を除き、初回入金額は1万円:1000通貨から取引ができるため、初心者でも取引が始めやすい海外FX業者といえるでしょう。

それでは、4つのコースを詳しく見ていきましょう。

スタンダード口座のスプレッドや取引条件の特徴

以下の表はスタンダード口座の主要通貨のスプレッド一覧です。

通貨ペア平均スプレッド最小スプレッド
USD/JPY1.91.2
EUR/JPY1.91.5
GBP/JPY2.31.7
AUD/JPY2.41.5
EUR/USD1.71.3
GBP/USD2.01.4

ユーロ/ドルがもっとも狭い平均スプレッドですが、それでも1.7pipsとなっています。

MT4やMT5のプラットフォームを使っているSTP口座としては、そこまでスプレッドは狭くありません。

また、使えるレバレッジも500倍と海外FX業者の中では平均的です。

最小取引単位や初回入金額が少ないことや、他の口座タイプと違って取引手数料がかからず、コスト計算に手間がかからないため、初心者に人気のある口座タイプになります。

ILC口座のスプレッドや取引条件の特徴

以下の表はILC口座の主要通貨のスプレッド一覧です。

なお、ILC口座は取引手数料が発生するため、スプレッドに取引手数料を加味しています。

通貨ペア平均スプレッド

(取引手数料を加味)

最小スプレッド

(取引手数料を加味)

USD/JPY0.1(0.6)0.0(0.5)
EUR/JPY0.4(0.9)0.2(0.7)
GBP/JPY0.5(1.0)0.3(0.8)
AUD/JPY0.5(1.0)0.4(0.9)
EUR/USD0.2(0.7)0.0(0.5)
GBP/USD0.5(1.0)0.3(0.8)

ドル/円がもっとも狭い平均スプレッドで、取引手数料を加味しても0.6pipsの狭さです。

MT4やMT5のプラットフォームを使っているECN口座の中では、トップクラスのスプレッドの狭さを誇ります。

Tradeviewはスプレッドが狭い業者と言われますが、ECN口座のスプレッドの狭さを指しています。

ただし、使えるレバレッジは200倍と海外FX業者の中では低めです。

最小取引単位や初回入金額が多く、取引ごとにスプレッドとは別に手数料が発生するため、初心者にはやや利用しにくい口座タイプです。

中上級者以上のトレーダーにおすすめの口座になります。

cTrader口座のスプレッドや取引条件の特徴

以下の表はcTrader口座の主要通貨のスプレッド一覧です。

なお、cTrader口座は取引手数料が発生するため、スプレッドに取引手数料を加味しています。

通貨ペア平均スプレッド

(取引手数料を加味)

最小スプレッド

(取引手数料を加味)

USD/JPY0.1(0.6)0.0(0.5)
EUR/JPY0.4(0.9)0.2(0.7)
GBP/JPY0.5(1.0)0.3(0.8)
AUD/JPY0.5(1.0)0.4(0.9)
EUR/USD0.2(0.7)0.0(0.5)
GBP/USD0.5(1.0)0.3(0.8)

cTrader口座のスプレッドは、ICL口座と同じスプレッドを提供しています。

そのため、ドル/円がもっとも狭い平均スプレッドで、取引手数料を加味しても0.6pipsの狭さです。

プラットフォームにMT4やMT5ではなく、cTraderを使って取引したい人に向いています。

cTraderはSpotware Syslems という金融会社が開発したプラットフォームです。

MT4やMT5に比べて知名度は低いものの、一括決済注文や板情報が見られるメリットがあります。

使えるレバレッジも400倍で、ILC口座に比べて大きいのも特徴です。

最小取引単位や初回入金額もILC口座より少ないため、「プラットフォームを気にせず低スプレッドで取引したい!」という人に向いています。

Viking口座のスプレッドや取引条件の特徴

以下の表はViking口座の主要通貨のスプレッド一覧です。

なお、Viking口座は取引手数料が発生するため、スプレッドに取引手数料を加味しています。

通貨ペア平均スプレッド

(取引手数料を加味)

最小スプレッド

(取引手数料を加味)

USD/JPY0.5(1.1)0.1(0.7)
EUR/JPY0.6(1.0)0.4(1.0)
GBP/JPY0.7(1.3)0.5(1.1)
AUD/JPY0.7(1.3)0.6(1.2)
EUR/USD0.5(1.1)0.2(0.8)
GBP/USD0.7(1.3)0.5(1.1)

Viking口座のスプレッドは、取引ごとに0.6pipsの取引手数料が発生します。

取引手数料も含めて、もっとも平均スプレッドが小さい通貨ペアはユーロ/円の1.0pipsです。

VikingはCurrenex社が開発したプラットフォームで、機関投資家や大口トレーダー向けに開発されたプロ仕様のプラットフォームです。

しかし、日本語に対応してないことや、他のプラットフォームの口座タイプに比べてスプレッドも広いため、Viking口座を利用して取引するメリットはありません。

デモ口座で取引の練習もできる

Tradeviewでは、すべての口座タイプにおいてデモ口座の開設ができます。

デモ口座の利用は無料で、レバレッジは1倍、10倍、50倍、100倍、200倍、400倍から選択できます。

デモ口座のメリットは、リアルトレードで使用するプラットフォームを使い、仮想のお金でトレードできる点です。

特にViking口座やcTrader口座は、MT4やMT5のみで取引してきたトレーダーからすると、どんな使い心地なのか気になるところです。

デモ口座は、開設してから90日が利用期限になりますが、この期間中であれば取引の資金が尽きても新たな口座を開設して取引ができます。

デモ口座で取引をしてみて、どの口座を利用するか判断するのも良いでしょう。

Tradeviewのスプレッドが広がるタイミング

Tradeviewでは、原則固定のスプレッド制度を導入しています。

基本的にスプレッドは変わらないものの、流動性の低下や市場が混乱するとスプレッドが広がる場合があります。

特に朝の時間帯や経済指標発表時はスプレッドが広がりやすいタイミングになるため、取引には注意が必要です。

スプレッド比較プロ
ここでは、朝の時間帯や経済指標発表時にスプレッドが広がる理由や、どれくらいスプレッドが広がるのか見てみましょう。

朝の時間帯のスプレッド

早朝の6時から7時頃は、世界三大市場の東京市場・ニューヨーク市場・ロンドン市場がクローズしているため、市場参加者が少なくなっています。

市場参加者が少ないと流動性が低下するため、スプレッドは広がりやすい傾向にあります。

では、朝の時間帯にTradeviewのスプレッドはどれくらい広がるのでしょうか?

TradeviewのILC口座における平均スプレッドと午前7時のスプレッドを比較してみましょう。

通貨ペア平均スプレッド

(取引手数料を加味)

7時のスプレッド

(取引手数料を加味)

USD/JPY0.1(0.6)1.3(1.8)
EUR/JPY0.4(0.9)2.6(3.1)
GBP/JPY0.5(1.0)10.0(10.5)
AUD/JPY0.5(1.0)4.3(4.8)
EUR/USD0.2(0.7)1.4(1.9)
GBP/USD0.5(1.0)10.0(10.5)

このように、平均スプレッドに比べて大幅にスプレッドが広がっているのが分かります。

通貨ペアによって広がり方に差はありますが、ポンド/円の通貨ペアだと10pipsも広がっているのが分かります。

経済指標発表時のスプレッド

Tradeviewのスプレッドが広がりやすいタイミングに経済指標発表があります。

その中でも、「FOMC」や「雇用統計(非農業部門雇用者数、失業率)などの経済指標がスプレッドに与える影響は特に大きいです。

では、経済指標発表時にTradeviewのスプレッドはどれくらい広がるのでしょうか?

TradeviewのILC口座における平均スプレッドと経済指標発表時のスプレッドを比較してみましょう。

通貨ペア平均スプレッド

(取引手数料を加味)

経済指標発表時のスプレッド

(取引手数料を加味)

USD/JPY0.1(0.6)0.5(1.0)
EUR/JPY0.4(0.9)1.3(1.8)
GBP/JPY0.5(1.0)3.6(4.1)
AUD/JPY0.5(1.0)2.4(2.9)
EUR/USD0.2(0.7)0.4(0.9)
GBP/USD0.5(1.0)1.7(2.2)

朝の時間帯に比べるとスプレッドの広がり方はやや小さいですが、ポンド/円の通貨ペアだと3pips以上もスプレッドが広がっています。

上記のスプレッドは平均的な広がり方であり、経済指標の発表が市場の予想と反した結果だった場合はサプライズ市場となって、スプレッドの広がり方がさらに大きくなる場合もあります。

Tradeviewの魅力

Tradeviewの魅力はスプレッドの狭さだけではありません。

  • プラットフォームの種類が多い
  • スワップポイントが高い
  • 出金拒否の噂が少ない
  • 約定力が高い

などに魅力を感じているトレーダーも多くいます。

ここでは、それぞれの魅力について解説します。

プラットフォームの種類が多い

MT4やMT5のみのプラットフォームを提供している海外FX業者は多いですが、Tradeviewでは、MT4やMT5に加えてcTraderやCURRENEXなども用意しており、プラットフォームの種類が多いのも魅力です。

MT4やMT5のみで取引するトレーダーにはあまり関係ないですが、他のプラットフォームを使ってみたい!という人にはおすすめです。

スワップポイントが高い

Tradeviewはスイングトレードやポジショントレードを行うトレーダーの人気も高いですが、これはスワップポイントが多くもらえるためです。

以下の表は、スワップ狙いで人気な4通貨ペアのスワップポイントになります。

※1ロット(10万通貨)

※1日あたりのスワップポイント

通貨名ロングショート
USD/MXN-80円50円
USD/TRY-650円450円
USD/ZAR-150円130円
AUD/USD250円-430円

特に、近年スワップ狙いで注目されているドル/トルコリラのスワップポイントは1日あたり450円とかなり高くなっています。

出金拒否の噂が少ない

海外FX業者を調べていると、「海外FXは出金拒否が多くて危ない・・。」と言った内容の口コミを見る機会が多くあります。

実際、トレーダーからお金を騙し取る目的で出金拒否をする悪質な海外FX業者もありますが、Tradeviewに関しては出金拒否に関する噂がほとんどありません。

もちろん、アービトラージや他人名義の口座利用など、不正行為をすると出金拒否される可能性もありますが、ルールを守って取引をする分には、出金拒否の心配はないでしょう。

ECN口座の約定力が高い

TradeviewのECN口座では、50以上のリクディティプロバイダの中からベストプライスが提供されるシステムを採用しています。

リクディティプロバイダ数が多いため、注文が成立しやすく、約定拒否やリクオートなどもほとんど起こりません。

他の海外FX業者もECN口座は相対的に約定力が高いですが、リクディティプロバイダ数は業者によって異なるため、約定力には違いが現れます。

当然、スリッページの発生頻度も少ないため、不利なレートで約定することによって生じる損失(見えないコスト)も少なくなります。

スプレッドが狭い業者でも、スリッページが頻発して見えないコストが増えては意味がありません。

Tradeviewはスプレッドが狭いだけでなく、高い約定力でトレードできるのも魅力です。

Tradeviewのデメリット

Tradeviewは魅力が多い海外FX業者ですが、一方でデメリットもあります。

特にボーナスがないことや、ロスカット水準が高いことに対するトレーダーの不満の声は少なくありません。

スプレッド比較プロ
ここでは、それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

ボーナスがない

海外FXの魅力に「豪華なボーナス」を挙げる人は多いです。

入金だけで数万円受け取れる未入金ボーナスや、入金額に応じて受け取れる入金○○%ボーナスなどがありますが、いずれも取引の証拠金として使えます。

ボーナスがあれば少ない資金でも、元手を増やして取引に挑戦できます。

未入金ボーナスであれば、元手0円でも取引できるなど、ボーナスを使った取引はメリットが大きいです。

しかし、Tradeviewにはボーナスがありません。

これはTradeviewがスプレッドの狭さに特化した業者であり、ボーナスにかける資金の余裕がないためです。

海外FX業者選びにおいてボーナスを重視するトレーダーは多いため、ボーナスが全く受け取れないのは魅力に欠けます。

ロスカット水準が他の海外FX業者に比べて高い

Tradeviewは、ロスカットの目安となる証拠金維持率が100%で、他の海外FX業者に比べると高い水準になっています。

証拠金維持率が100%を下回った時点で強制的に取引が終了してしまうわけです。

ちなみに、証拠金維持率の計算方法は、「有効証拠金÷必要証拠金×100」になります。

(例)

  • 通貨ペア:1ドル100円
  • 取引量:10万通貨
  • レバレッジ:200倍
  • 初回入金:10万円

で取引する場合、必要証拠金は「100円×10万通貨÷レバレッジ200倍=5万円」になります。

証拠金維持率は、“有効証拠金10万円÷必要証拠金5万円=200%”です。

ロスカットの目安となる証拠金維持率は100%ですから、有効証拠金が5万円未満になってしまうとロスカットになります。

つまり、5万円の損失しか許容できないわけです。

他の海外FX業者だと、ロスカットの目安は証拠金維持率20%や50%になります。

上記と同じ条件でも、

  • 証拠金維持率20%=必要証拠金5万円×20%=有効証拠金10000円
  • 証拠金維持率50%=必要証拠金5万円×50%=有効証拠金25000円

となり、証拠金維持率が小さいほどロスカットまでの許容損失額が増えているのが分かります。

ロスカットの水準が高いと、それだけロスカットの可能性が高まってしまいます。

Tradeviewはログインできないトラブルが多い

Tradeviewで口座を開設したものの、会員ページにログインできないトラブルは少なくありません。

もちろん、メールアドレスやパスワードの入力ミスなど、ユーザーが原因の場合もありますが、Tradeviewの不具合でログインできないケースも多くあります。

ログインできない場合、まずはログインに必要な情報を確認しましょう。

  • ID(口座番号)
  • 取引用パスワード
  • 取引サーバー名

以上の3つを確認し、ログインページに入力します。

それでもログインできない場合、ブラウザが原因になっている可能性もあります。

特定のブラウザが推奨されているわけではありませんが、ブラウザの設定が邪魔をしてログインできなくなる場合もあります。

「サファリブラウザを使用しているならグーグルクロム」など、使っているブラウザを変更してログインを試してみましょう。

スプレッド比較プロ
これで解決しない場合は、Tradeviewのサーバートラブルが想定されるため、サポートに問い合わせて確認しましょう。

Tradeviewのスプレッドや特徴のまとめ

Tradeviewはプラットフォームの選択肢が多く、低スプレッド×高い約定力でトレードしたい人におすすめの海外FX業者です。

しかし、「ボーナスがない」、「最大レバレッジが低い」、「ロスカット水準が高い」など、取引環境が優れているとは言えません。

Tradeviewのスプレッド以下で取引できる海外FX業者なら、ECN口座でも取引手数料がかからないGEMFOREXがあります。

GEMFOREXでは、狭いスプレッド×99%を超える高い約定率に加え、

  • 1000倍レバレッジ
  • 豪華な口座開設ボーナス、入金ボーナス
  • ロスカットの水準となる証拠金維持率が20%

など、Tradeviewよりも取引環境が優れています。

約定拒否もほとんどなく、日本語サポートも充実しているので初心者にもおすすめです。

Tradeviewのようにスプレッドや約定力の高さに特化した業者を選ぶのも良いですが、総合的なバランスが優れている業者の方が安心して取引できます。

20,000円ボーナスがもらえてスプレッドが狭いGEMFOREXがおすすめ

【海外FXおすすめ業者20社比較】人気おすすめ海外FX業者ランキングTOP8
最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
⇒ 海外FXスプレッド比較ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です